読んだ本の感想など

電車の中やカフェで読んだ本の感想などを。

映画『火花』感想

映画『火花』公式サイト

http://hibana-movie.com/

 

吉祥寺が舞台の映画ということで、地元民として観に行かないとなーと思っていたのですけど、昨日ようやく観に行くことができました。ちなみに吉祥寺のオデオンは17時00分の回の次が20時00分のレイトショーという変な上映時間になっていたので、TOHOシネマ渋谷まで行ってきました。木曜夜18時~の回で、狭いスクリーンでしたけど、5分の1くらい入ってる感じでした。前の方に座れば周り誰もいないくらい。快適空間でした。客層はやはり20代中心で、男女比は半々くらいだったと思います。同性グループをよく見かけた気がする。

ということで、火花、何か文学の賞をとったというのは知っていましたが(芥川賞?)、それ以外はまったく前情報無しでしたので、まずお笑い芸人を目指す若者たちの話だったというのが新鮮でおもしろかったです。原作者がお笑い芸人ということでリアリティや説得力も感じましたし、作中のお笑いがどれも普通に笑えました。にやっとできる系というか。クオリティ高かったと思います。

主役2人のキャラクターもとても良かったです。神谷さんの変わり者っぽくておもしろくて憎めなくて好感持てる感じと、主人公トクナガくんの方の真面目な人柄。2人とも演技がめちゃめちゃ良くって、それもあって魅力的な主役2人だったと思います。菅田将暉くんかっこよすぎですね。

ネタバレで語りますけど、最後の、夢やぶれつつも笑顔で過去を語れる感じは、とても良かったです。あたたかく前向きな終わり方で。

実際にああいう若手のお笑い芸人たち主体のお笑い劇場というものがあるのでしょうか。私は一度も行ったことがないのですけど。今日も都内のどこかの劇場で若手お笑い芸人たちが漫才をしていたりするのだろうか。地下のライブハウスみたいな。それで暮らしていくことができずアルバイトとかしながらとかで。あるいは親が裕福なら実家暮らしで、とか。まさにこういう火花のように、10年経って暮らしていけずお笑い以外の道へ(音楽以外の道へ)みたいな人生って、現実にも結構あるのかもしれないなと思いました。そして、仮に10年経って他の道へ進んだとしても、意外とこの火花みたいに明るく過去を語る感じなのかなと思いました。 税理士の世界だとたぶんこうはいかない。私は、資格が無いと話にならないと思って、何としてでもってことでがんばって勉強してきました。結果的に合格できたので良かったですけど合格できなかった人生というのも存在していたのだろうとは思います。それがこの火花みたいに明るく語れるものだとは思わないですけど。

そもそも舞台が吉祥寺ということで観に行った映画だったわけですけど、吉祥寺のシーンは、ハモニカ横丁の知らない居酒屋と、七井橋通りの武蔵野珈琲(行ったことないけど喫煙可ぽいからたぶん今後も行くことはない)と、七井橋通りのいせや前の階段と、井の頭公園の狛江橋の付近、くらいでした。そもそも5~6ヶ所くらいの場所が順番に繰り返されて描かれていく感じの狭い世界の中の物語でしたし。でもそういう閉じられた世界の中にいるという閉塞感が、青春を賭けて前へ進めなかった物語をうまく表現していたと思います。

『校舎五階の天才たち』ネタバレ感想

宮司いずみ『校舎五階の天才たち』講談社タイガ 2017年9月刊

 

f:id:seoma:20171206163404j:plain

 

※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。

 

今年の9月に発売されたばかりのミステリ小説。twitterで存在を知って購入しました。同じ講談社の文庫シリーズの『探偵が早すぎる』もtwitterで存在を知って購入したらめちゃめちゃおもしろかったという流れだったのですけど、この『校舎五階の天才たち』も、最近読んだ本の中で一番おもしろかったです。

(ちなみにこのブログに感想書いてないですけど最初の方だけ読んでそのままになってる小説なんかも結構あります)

最初は天才たちの描写にファンタジー要素を感じてしまってあまり世界観に入り込めなかったのですけど、主人公が素直な性格設定で共感できるキャラクターだったので読みやすく、どんどん読み進めているうちに世界観にも普通に入り込めてました。

ネタバレで語りますけど、天才たちもそれぞれがひねくれているというか、こじらせているというか、そういう人間臭い性格を持っていることが明かされていって、最後には共感できるくらいのキャラクターになっていました。現代文の問題をわざと間違えているんじゃないかって話とか、すごい良かった。登場人物の感情を答える問題に正解してしまえば(平凡な)クラスメイトたちの気持ちがわかると認めることになるからだ、っていう。良いシーンでしたね。

レミニセンス〇〇の意味が読み終わったあともよくわからなくって、読み返したら初めてイニシャルだということがわかりました。読み返してみたら渡部くんもめちゃめちゃ中二病的な描写でしたし、モノローグの加藤さんはたしかに1人で会話してる風な感じの描写でしたね。このモノローグは普通に加藤さんと篠崎くんの会話という認識で読んでいました。加藤さんの回想シーンかな、みたいな。最後の方のモノローグで「あんたでも篠崎良哉の考えはわからなかったか。」という台詞が出てきて、あれ!?って感じでした。このシーンの「あんたも偽物なのにな」って台詞も良かったですね。読んでいて、どういうことだ…?って、かなりおもしろかった。

最後の終わり方も、とても良かったです。途中読んでるときはこんな綺麗に終わるとは思わなかった。主人公が渡部くんの手をつかむシーンはめちゃめちゃ良かったですね。これから仲良くなりそうな感じで、美しいラストシーンだったと思います。帯に「青春ミステリの傑作」と書いてありましたけど、たしかにこれはとても良い青春ミステリだなぁと思いました。

『底辺への競争』感想

山田昌弘『底辺への競争』朝日新書 2017年10月刊

 

f:id:seoma:20171203173834j:plain

 

吉祥寺アトレ2階のブックファーストで購入。今の社会では貧困・下層へ落ちないような競争が行われているという本。読みやすくて、内容も納得感がありました。ここ何年か日経新聞でもこういう貧困系の話はよく見かけるようになっていますよね。それ以外のメディアではもっとずっと前から。非正規雇用の拡大などで収入の少ない層が生まれて、下層化、非婚化、階級固定化という。実際そういう時代なのだろうなと思います。

何かあると非正規雇用へ落ちたりして下層化する、これが「下流移動」のリスクと本の中では言われていました。例えば勤務先の会社の倒産や、親の介護問題や、自分が病気になる、などなど。そうなるともう冗談じゃなく人生詰みますよね。私もそうなったら悲惨だなーという気持ちはやっぱり常にあります。例えば病気して働けなくなったら人生終わるなぁと。まぁ何万分の1とかの可能性のことを考えても仕方がないかな。というか病気になったら働けなくなって…なんて何時の時代も一緒か。

下層階級が拡大していっているのは日本だけではなく世界全体の流れだと紹介されていました。日経新聞でもこういう論調の記事がほんとここ最近多いですね。製造業の時代は1つの大企業が世界で何百万人も社員を抱えていたが現在のIT産業の大企業は社員数が数万人だったりする、と。大企業社員という「エリート」になれる人口が少なくなって、その分、勝者総取りの時代になったとか。そういう。

本の中では、1つ・個人の努力、2つ・政府の支援強化、3つ・地域や社会ネットワーク作りという3重のセーフティネット構想が語られていました。政治については層の厚い高齢者層が全員死んでこの国の年齢層が平準化されれば高齢者優遇も終わるのかなって気はしますけど、それは30年後~40年後とかになるのかな。なかなか先は長いですよね。

というか私も事務所の売上が増えていかなければ底辺へ落ちる危険性はめっちゃあるのかもしれない。色々とがんばっていかないといけないですね。研修に出たり講師や指導員の活動をしたり紹介してもらったり。