読んだ本の感想など

電車の中やカフェで読んだ本の感想などを。

阿津川辰海『名探偵は嘘をつかない』ネタバレ感想

阿津川辰海『名探偵は嘘をつかない』光文社文庫 2020年6月刊

 

f:id:seoma:20200811012337j:plain

 

※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。

 

Twitterか何かで知って買おうとして、本屋で並んでいなくて(売り切れていて?)Amazonで注文して買いました。最初からAmazonで良かったですね。まぁこの本以外にも何か買うものが見つかるかもしれませんからね。だから本屋へ行く、と。

というわけで、名探偵は嘘をつかない、めちゃめちゃ分厚くって、読み切るまで1週間以上かかりました。毎晩寝る前に読み進めていって、何ページか読んで寝る、みたいな日々が続いていました。でも内容おもしろかったので最後まで読み切ろうとは思ってました。

実際、内容はとてもおもしろかったです。探偵が普通に職業として存在する世界観という、その中で探偵の弾劾裁判という謎設定で、正直いまいちピンと来なかったですけど、どういう展開になるのか読めなくて、わくわくしながら読めました。死者が生き返るというファンタジー設定がいきなり出てきたのも、すごいおもしろかったです。まったく先が読めない感じで。

この阿久津という探偵のキャラクターがいまいちはっきりしないというか、内面がまったく見えない感じがまたおもしろかったですね。真犯人Xがいるのかいないのかも最後まで読めなかったです。阿久津の主張が正しくって真犯人Xが存在するのかなーとも思えましたし。幽霊が阿久津の犯行だとネタバレするという展開はめちゃめちゃおもしろかったですね。かなりわくわくしました。ここからどうなるのだろうと。幽霊側が嘘をついているのかも…とも思わせる展開で、最後の方までどきどきでした。

終盤は割と一気に読み切りました。ネタバレで語りますけど、死者が生き返るというファンタジー設定がミステリ展開に思いっきり絡んでくるのがすごかったです。死体に死者を呼んで証言させようとする展開は最高にわくわく感がありましたね。終盤の、1時間44分の時間の説明ができないから~という展開も、考えてみればファンタジー度が高すぎてやばいですけど、作中でルール付けがしっかりされてあって、普通に納得して読めました。死者復活のルールがインパクトあってわかりやすかったですし、読者視点でそのルールも込みで考えながら読めたというか。なかなかこういうファンタジー要素がミステリに思いっきり絡んでくる小説は読んだことがなくって、新鮮でした。すごい自然にファンタジー設定を受け入れることができましたね。

偶然の殺人(事故)を探偵が隠すためにあれこれしていましたというオチも、まぁなるほど感はありました。ずっと探偵のキャラクターが薄くて定まらない感じだったのも、こういうオチならまぁ…というか。最後に、なるほどそういうキャラクターだったのか、という感じでした。

これだけ分厚くても最後までおもしろく読めて、いいミステリ小説だったなと思います。この作者の本はまた次も買いたいですね。楽しみに待っていようと思います。

PLUS新書『世界のニュースを日本人は何も知らない』感想

谷本真由美『世界のニュースを日本人は何も知らない』PLUS新書 2019年2月刊

 

f:id:seoma:20200808114615j:plain

 

いま本の最後のページで刊行月を確認して2019年2月と書いてあって引きました。本屋の平積みの中から取ったので2020年7月の新刊くらいに思って読んでました。まさか1年半も前の本だったとは。ニュース系の本で1年半も前のものを普通に並べている本屋もすごいですけど、いつの作品か最後の方のページを開いて確認しないとわからないのも今どきすごいですよね、本って。でも本や本屋のそういうところも嫌いではないです。昔ながらの感じというか。Youtubeとかだとクリックする前から公開時期がわかるのですけど。

ただ、昔の話題についての世界のニュースの本を読んで昔の話題だといまいちわからなかったというのが、まさにこの世界のニュースを日本人は何も知らないということだなぁと思いました。どの話題も何となくしか知らなかったです。そういやそんな話を聞いたことがあるなーというくらいで。

日本人は世界のニュースを知らないというのは本当にその通りだなぁと思います。私も日経新聞でくらいしか知らないです。あとはたまにTwitterとかで見るくらいで。例えばこのコロナウィルスなんかでも、日本もかなりやばい状況ではありますけど他国の方がもっともっとやばそうですよね。死者の数とか、社会の混乱とか。いまいちニュースにならないのでもしかしたら実際は他国の方が普通に経済が回っているのかもしれませんけども。今は外国人観光客の姿をまったく見かけなくなってしまいましたので、ますます島国っぽさが出てきている気がします。昨日たまたま羽田空港に行ったのですけど見た感じ日本人ぽい人しか歩いていませんでしたし。

これだけグローバル化した時代なのに世界のニュースを知らなくても問題なく暮らしていけてしまうというのは不思議な気がします。でも作中で触れられていた世界の「最新情報」の話とか教養やAIや仕事についての考え方の話なんかは、世界のニュースを見てない私でも知っていて共感できる部分が多かったですね。たぶん、国内で日本人が語っている話も世界から情報を取り入れた人が発信していることが多いということなのでしょう。ビジネス系Youtuberの人たちとか他国のビジネス本の内容紹介が定番だったりしますし。そういうものに触れていると、国内メディアだけでも世界の情報がある程度入ってきてしまうのかもしれません。まぁそれはそれで全然いいですけど。

正直、現代日本人の私としては、他国の話も国内の話も特に変わらないというか、世界のニュースも日本のニュースも同じと言えば同じですよね。知ってることは知ってるし知らないことは知らないというか。もちろん世の中知らないことばかりですけど。99.99%のことを知らずに生きていますけど。勝手に入ってくるニュースはありますし、自分で能動的に調べることもありますけど、世界のニュースも国内のニュースもその程度で十分という気持ちはありますね。もともと現代の最先端のビジネス環境の中でビジネスをしていきたい気持ちはありますし、何なら世界の10年後20年後を自分が先取りするくらいの気持ちで事務所運営しています。でも世界のニュースも国内のニュースもまじで何も知らないですね。まぁ、典型的な現代日本人って感じですかね。

色んな国の話を知るのは楽しくて興味深いので、こういう本の内容はとても楽しいですね。あと実際に他国へ色々行ってみたいです。本当だったら今ごろアメリカのカリフォルニア州の弟家族のところへ新婚旅行で行ってるはずでした。コロナウィルスで完全に予定がなくなってしまいましたけど。行けるのはいつになるのかなー。行けそうな雰囲気になったら行ってみたいですね。

中公新書『お酒の経済学』感想

都留康『お酒の経済学』中公新書 2020年7月刊

 

f:id:seoma:20200807140517j:plain

 

吉祥寺アトレのブックファーストの新刊コーナーで見つけて購入しました。この7月の新刊でした。お酒について、そのお酒の歴史や現状、今後のグローバル展開などなど、種類ごとに語られている本でした。お酒好きなのでとても興味深い内容で、一気読みに近かったです。ビール、日本酒、ウイスキー、焼酎と順番に述べられていました。それぞれ初めて知ることばかりで勉強になりました。製法の違いとか、製造会社の歴史とか全然知らなかった。やっぱり仕事柄、人とお酒を飲む機会が多いですし、お酒についての知識は身につけておいて損はないなと思います。知識があると話がはずむことってありますし、もっと知りたいという探求心も沸いてきます。

ちなみに私はビールと日本酒とワイン・シャンパンは飲みますけど、ウイスキーハイボールくらいで、焼酎はほぼ飲まないです。ビールは特に好みはないですけど、日本の主要なビールはどれもおいしいなと思います。日本酒はやっぱり花陽浴の香りがめちゃめちゃ好きですけど新政もどれもおいしいと思います。新政は変わった味も多くて好きですね。

焼酎は下火だけど日本酒は最近盛り上がっているということがこの本の中で書かれていましたけど、それは私も実感します。日本酒系の居酒屋って多いですし、客層も若い人が多くて混んでいる印象です。日本酒ってインスタ映えしますよね。銘柄の写真を撮って感想書いてアップしてる人めちゃめちゃ多いです。ご朱印帳とかのノリですよね。お店側もわかっていてボトルをテーブルに置きっぱなしにして写真を撮らせてくれますし。新政とか栄光富士とかボトルのデザインが超かっこいいです。ビールやワインや他のお酒と比べるとかっこいいデザインのボトルが多いと思います。

ウイスキーや焼酎についてはほぼ飲まないので、これから詳しくなっていきたいですね。チューハイやサワーもまったく飲まないので、チューハイのチューが焼酎の酎だというのも知りませんでした。色々と勉強になって、良い本でした。