読んだ本の感想とか

電車の中やカフェで読んだ本の感想などを。

『消費大陸アジア』感想

川端基夫『消費大陸アジア』ちくま新書 2017年9月刊

 

f:id:seoma:20171015231933j:plain

 

日本発の飲食や小売がアジアでどう受け入れられているか(受け入れられていないか)についての本。具体例を挙げてこれはこういう理由で中国でヒットした、などと書かれた内容の本でした。

知らない話ばかりで、読み物としておもしろかったです。ポカリスエットインドネシアで断食明けの飲料としてヒットしている、吉野家の牛丼はアジアでもアメリカでもカウンター席がうけなくてテーブル席だけにしている、味千ラーメンは豚骨スープで中国でヒットしている(これはニュースとして知っていました、いつか食べてみたいです味千ラーメン)などなど。その他には中国は医療環境が整備されていないから日本のドラッグストアの薬が爆買いされているとか、日本で受け入れられなかったフランスの大型ディスカウント店(カルフールという聞いたことない店)がタイでは小売業者の仕入れ先として受け入れられているとか。読んでいて「へぇ~へぇ~」って感じでめちゃめちゃ興味深い話ばかりでした。私はなかなか旅行に行く機会がないのですけどタイとかインドネシアとか行ってみたいですね。

あとは目の前で調理される形式の安心感がアジアで受け入れられるという話など、日本人の私にはわからない感覚でおもしろかったです。日本では奥の厨房で調理された食べ物が運ばれてきても疑う感覚なんて一切ないですし。

おもしろかったのは、アジアで受け入れられた企業も、狙ったわけではなく偶然はまって大ヒットしたケースとか、受け入れられるように適応したことによって受け入れられたケースとか、さまざまあるというところですね。もちろんどの企業も事前に現地調査をおこなっているのでしょうけど。ふたを開けてみないと…という部分がどうしてもあるということかな。おもしろいですね。

現地で商品を売るためには現地の気候や文化、宗教、所得などに合わせた「意味づけ」をするのが大事という話も説得力を感じました。例えば香港のエアコンはカビ防止機能が大事だが欧州のエアコンは暖房機能が大事、など。

物でもサービスでもこれが絶対売れるっていうのはなかなか難しいでしょうけど、売れたものにはやはりそれなりの理由があるということですね。

『スロウハイツの神様』ネタバレ感想

辻村深月スロウハイツの神様』(上下巻)講談社文庫2010年1月刊

 

f:id:seoma:20171015232000j:plain

 

※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。

 

ちょっと前に「辻村深月好き」「辻村深月いい」みたいな話を2人から別々に聞いたりしまして、へー読んでみようかなーと思ったので、購入してみました。辻村深月初めて読むかなーと思っていたのですけど、『盲目的な恋と友情』というやつは結構前に読んだことがありましたね。2人の視点から描かれるミステリ風味の小説で、なかなかおもしろかった記憶がありました。

さてさて。スロウハイツの神様、上下巻でボリュームありましたけど、合わせて1週間くらいで読み切ってしまいました。特に下巻の後半は完全に一気読みでした。深夜3時くらいまでかけて。3連休だったので、がんばろうと。下巻の最終章はひたすら泣けました。下巻最終章ですべてが繋がるという物語構成が素晴らしいですし、その内容も長い年月をかけた感謝と愛の物語で、とても感動でした。なんかもう壮大さを感じました。

上巻の序盤の方を読んだときは、気取った文体とテレビドラマみたいなリアリティの無い台詞回しに対してこれはきついなぁと思ったのですけど、序盤のうちに慣れました。あと、若い創作系の人たちを集めて部屋を貸すという舞台設定がまた中学生女子の願望小説みたいな感じできつかったのですけど、これもすぐに慣れました。特に入居希望者を面接で落とすエピソード、朗らかで明るいけどバランス考えない贈り物をしちゃうタイプだったから落とした(狩野は気づかなかったけどきちんとそこに気づくわたし)ってシーン、きつかったですね。うまく言えないですけど、人がイキってる姿を見ているときのような、見ていてきつい感じがありました。

上巻は登場人物紹介みたいなところもありましたしそれほど話に夢中になる感じはなかったのですが、上巻終わりの郵便物が届いて主人公が驚愕するみたいな展開、あそこはかなりわくわく感がありました。下巻おもしろくなりそうだな、と。

そして実際に下巻めちゃめちゃおもしろかったです。加々美莉々亜というキャラクターは普通にチヨダコーキファンだと思っていた。オチに結構びっくりしました。パクリ漫画の原作者だというのは他に該当者がいないのでそうかなーと予想してましたけど、それでも一度フェイントが入れられていておもしろかったですね。あと編集者の黒木さんも章タイトルで「創作する」とあったからこの人がパクリ犯だったのかとちょっとだまされました。この辺はおもしろいというか、上手いなぁと思いました。でも一番上手いのはこのパクリ犯騒動は物語的にはおまけだったという部分ですね。カムフラージュというか。最終章の内容こそが完全にこの小説の本題って感じで、この物語構成がとても良かったと思います。

そんなわけで最終章。めちゃめちゃ泣けました。人が死ぬ展開じゃないのにこんなに泣けるのはすごい。チヨダコーキの純愛というか感謝というかそういう心の深さに泣けるという、ちょっと人が死ぬ展開以外でこんなに泣けたことって今まであったかな…くらいのレベルで泣けました。それまで読んでいて違和感があった部分とか、これはあとで明かされるのだろうなぁという部分がすべてこの最終章できっちり語られていましたし、本当に怒涛の感動展開でした。「お久しぶりです」とか、ケーキがブランド的にコンビニで売られるはずないとか。まさかここまで環・チヨダコーキ間が繋がるとは予想できませんでした。終わり方もめちゃめちゃいいですね。数十年後も仲良さそうで。ほんと思い返しても泣けるレベルです。

ということで、やっぱおすすめされるだけあって、めちゃめちゃ良い作品でした。辻村深月はこれから他のも読んでいきたいですね。でもこのスロウハイツの神様最終章を超える感動ってあるのかな…これが辻村深月の頂点なんじゃないかって思う。いきなり最高作品を読んでしまったんじゃないか…という。

『ジェノサイド』ネタバレ感想

高野和明『ジェノサイド』(上下巻)角川文庫 2013年12月刊

 

f:id:seoma:20171005093712j:plain

 

※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います

 

一気読みの小説と聞いて買ってみました。名前だけは知っている小説でしたが、初めて読みました。たぶんタイトルとかあらすじとかでなんとなく敬遠していたのだと思います。こうやっておすすめだと聞かなければ読むこともなかったかもしれません。しかし読んでみると、本当にめちゃめちゃおもしろかったです。続きが気になりまくって、電車の中とかで5分でも時間があったら本を開いたり、何かの待ち時間にも本を開いたり、ちょっと時間ができたら続きを読むって感じでした。こういうのは久しぶりでしたね。下巻の最後半分は昨日の深夜2時すぎまでかけて一気読みしてしまいましたし。本当にめちゃめちゃおもしろかったです。

生きるか死ぬかという展開がずっと続くので、緊張感がすごかったです。日本の古賀研人編の方もアフリカのイェーガー編の方もはらはらどきどき展開の連続で、続きどうなるんだろうというわくわく感が最初から最後までずっとありました。なかなかこんな失速なしの長編小説もめずらしいんじゃないでしょうか。視点変更型の小説でどの視点も同じくらいおもしろいというのもすごい。

登場人物のバーンズ大統領が当時のブッシュ大統領を想定して描かれているように見えて、そこはやはりどうしても「10年前の作品」って雰囲気が出てしまってました。古臭さというか。別にそれでもめちゃめちゃおもしろかったのですけど、どうせならその当時に読みたかったですね。その方がもっともっとリアル感を味わえたかもしれない。

そういえば、なんか普段ずっとミステリばかり読んでいるせいか、最後のエピローグで物語が収束に向かうとき、綺麗に着地しそうな感じが逆に不安というか、これは逆に最後にどんでん返しが待っているのではないか…?とちょっと考えてしまいました。たとえばアキリとエマの2人が日本で出会ったらすぐに人類を一気に殺し始めるオチなんじゃないかとか。ジェノサイドが始まった…!完!みたいな。全然そんなこともなく綺麗なエンディングでしたけど。別にそれで大満足な終わり方でしたけど。

でも、このアキリの存在がとってもチートなので、最後はアキリ死亡で終わるんじゃないかという思いはありましたね。読んでいてずっと。ギャレット死亡後に穴を掘って埋葬するシーンで、アキリが「楽しげな顔をしていた。初めて見る宗教的儀式に、興味津々といった面持ちだった。」と描写されてるところとか、異質な存在って感じがめちゃめちゃ出ていてすごいおもしろかった。このアキリが最後どういうオチになるんだろう…と。結果的には生存しつつ綺麗な終わり方というか、主人公たちに対して友好的で、将来の仕事も約束するみたいな、なんかとってもハッピーエンドで終わっていて、それはそれでとても良かったです。

この作者の他の小説も読んでみたくなりました。『クレイヴディッガー』とか、前から名前を聞いたことありましたし、この機会に読んでみてもいいかもしれない。でもその前に、最近いいと教えてもらった辻村深月を読んでいきたいですね。