読んだ本の感想など

電車の中やカフェで読んだ本の感想などを。

道尾秀介『片眼の猿』ネタバレ感想

道尾秀介『片目の猿』新潮文庫 2007年2月刊

 

f:id:seoma:20190813122328j:plain

 

※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。

 

恵比寿アトレの有隣堂で購入しました。1ヶ月くらい前に、ライブで恵比寿へ行ったときのついでに購入していました。それを今ごろになってようやく読破しました。Twitterでいつも小説を教えてもらっている人からのおすすめでした。かなり古い小説だったようです。古い小説ってそれだけでつまらなそうで敬遠してしまうのですけど、逆に、古くて生き残っている小説の方がおもしろい確率は高いのかもしれないですよね。おもしろいからこそ今も売られている、みたいな。

というわけで。最初から最後までおもしろかったです。読み始めてからは3日くらいで一気に読み切ってしまいました。この続きが読みたいからはやくベッドに入ろうという気持ちになるくらいおもしろかったです。

完全にネタバレで語ります。

能力者たちの物語なのかとずっと思いながら読んでいて、完全にだまされました。特殊能力を持つ人間が普通に存在するような世界観なのだと。これはこれでおもしろいなーと思いながらずっと読んでました。犬は顔の半分が鼻だという言葉で、完全にだまされてしまいましたね。この言葉のインパクトすごいですね。主人公も、まさか補聴器と盗聴器だけだとは思いませんでした。

アパートの住人たちがそれぞれ体に欠損を抱えているということも、まったく気づきませんでした。まぁそれは物語の本筋とは関係ないおまけみたいなオチでしたけど。トランプのカードの話もまったくわかりませんでしたね。クイーンがお爺さんで、ハート以外のキング3枚が双子で、というやつ。これについては最後の説明を見ても???でした。遠まわしすぎてわかるわけがないし、クイズとして成立していないレベルに思えますけど…。

作中で明言されていないのにずっと耳が大きい主人公と目が大きいヒロインを想像しながら読んでいたというのが、本当におもしろかったですね。こんな騙され方もあったのだなぁと。作中で明言されていないということも後から気づきました。

「片目の猿」という単語も、作中で何回か出てきていましたけど、途中まではなんでこれがタイトルになっているのだろう…って感じでした。話の内容とタイトルが合ってないんじゃないか…と。読み終わってみれば、とてもぴったりなタイトルでしたね。

映画「ザ・ファブル」感想

映画「ザ・ファブル」公式サイト

http://the-fable-movie.jp/

 

すごい久しぶりの映画館になってしまいました。色々と観たい映画はあったのですけど。「賭ケグルイ」とか、結局見れないまま終わってしまいました。

ここ数ヶ月くらいで事務所の仕事が一気に増えて、それはそれでとても良いことなのですけど、映画館や美術館に行く機会が減ってしまいました。単発の相続税の仕事が何件も同時に入ったりしていた関係で。

ということで、相続税も一通り仕事が終わってきまして、そろそろ映画館や美術館に行きながら仕事をできるペースに戻ってきました。来週は美術館へもいくつか行こうと思っています。

それはいいとして。ファブルですね。映画の評判が良かったのでずっと観に行きたかったのです。公開期間も終わりに近づいてきた今ごろになって、ようやく行くことができました。評判の通りおもしろかったです。2時間があっという間でした。

ストーリーはかなりオリジナルになっていました。設定と序盤のいくつかのシーンだけ原作通りで、あとは8~9割くらいオリジナルだった印象ですね。原作もかなり昔に読んだだけなのでそんなに覚えていないですけど。映画版はバトルシーンがひたすら続く感じでした。でもそのバトルシーンが迫力あって、とても良かったです。特に最初にファブルが料亭の席でヤクザ?を皆殺しにするシーン、映像のテンポもよくて演出もかっこよくて、完全オリジナルシーンでしたけどかなりテンション上がりました。

後半の廃ビルでヤクザ軍団と戦うシーンは、迫力はありましたけどさすがに冗長感がありました。福士蒼汰くんかっこよかったけどなかなか死ななくて話が進まないし…。でもあの辺は完全にオリジナルキャラクター&オリジナルストーリーでしたので、展開が読めないわくわく感はありました。

最後、普通にミサキちゃんに正体がばれてる感じでしたけど、2時間で話を完結させることを考えたらああいう風になるのですかね。原作だとずっとばれないままだったと思いますけど。でも正体がばれたあとも仲良くやっていきそうなノリがあって、あれはあれでいい終わり方だったと思います。

俳優も雰囲気ある人が多くて、みんなうまくて良かったと思います。映像で見るとくどいシーンが多かったですけど。バーでテキーラを飲ませるシーンとかジャッカル富岡で爆笑するシーンとか、実写化するとどうしても変な感じになってしまいますね。というかその辺は漫画で読んでも白けるシーンだったかもしれない。

でも全体的にクオリティの高い映画だったと思います。評判いいのも納得で、何とか観に行くことができて、良かったです。もっと映画館行きたいですね~。

辻堂ゆめ『今、死ぬ夢を見ましたか』ネタバレ感想

辻堂ゆめ『今、死ぬ夢を見ましたか』宝島社文庫 2019年3月刊

 

f:id:seoma:20190730231917j:plain

 

※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。

 

何日か前に読み終わっていました。吉祥寺キラリナ7階の本屋で購入して、寝る前に読む感じで4~5日くらいで読み終わったと思います。これは最初から最後までおもしろかったです。読んでいて続きとオチが気になりました。

詐欺グループが詐欺をしているのだろうなということは読んでいてかなり想像つきました。主人公の境遇がとてもかわいそうだったので最後は何か幸せなオチが待っていたらいいなと思いながら読んでいましたが…。

ネタバレで語ります。

紗世が死後の夢というのは、なるほどというオチでした。すべてが結びつく、なかなか綺麗なオチだったと思います。予想がつきそうなものですけど、作中で説明されるまであまり考えつきませんでした。

主人公のかわいそうな境遇が人生を上書きされた結果だったというオチも、なかなか悲しい感じでしたね。物語の構造としてはとてもうまいなぁと思いましたけど。

あと、作者の名前と同じ辻堂駅というのが作中で出てきて、何か意味があるのかと思ったりしましたけど、よくわからなかったですね。たまたまなのかな。もしかして作者的にものすごい気合いを入れた小説だったりするのかなぁとか、読んでいて考えました。満を持してここを舞台にした小説を書きました的な。それとも単にたまたま同じ名前の駅を見つけたから舞台にしましたって感じだったのですかね。