読んだ本の感想とか

電車の中やカフェで読んだ本の感想などを。

『保育園問題』感想

前田正子『保育園問題』中公新書 2017年4月刊

 

f:id:seoma:20170822114710j:plain

 

今の日本の保育園関連の色々な問題について、網羅的に書かれた本。わかりやすくて良い本でした。この分野に関しては何とかしないと国がやばいレベルの問題が山積みですよね。関連する働き方問題とか未婚非婚問題なども含めて。

本の章ごとに感想を書いていきます。まずは序章「保活」について。これは本当に、友人夫婦や仕事の取引先の夫婦の方々の話を聞いていても「うへえ」とびっくりしてしまう話ばかりです。子供を保育園へ入れるということがどれだけ大変か。子供を保育園へ入れるために生活を変えるみたいな話も普通に聞きますよね。アルバイトだと子供を保育園に入れるのはまず無理なのでフルタイムで働くとか。とにかく保育園へ入れるために色んな苦労をしている話を、周りでかなり聞きます。私は独身ですけど結婚して子供ができたらまずここが本当に大変そうだなぁと思いますね、話を聞いていて。

第1章「保育制度」について。認定保育園の話などですね。何年か前に幼稚園保育園の一体化ってニュースになってたことだけ知っていましたけど、中身をこの本で初めて知知りました。あんまり普及していないそうですけど、実際周りでも幼稚園保育園一体型のところへ預けている人の話は聞かないかも。

第2章「待機児童」について。計上のやり方によって数字がぶれる問題とか、常にニーズが増え続けているので保育園を作っても作っても足りない問題とか。まぁニーズなんて基本100%なんじゃないですかね。保育園1ミリも要らないって家庭の方が例外って気がします。なので、極端な話ですけど、小学校中学校レベルまで保育園を作るくらいしないと待機児童は0にならないんじゃないかなと思います。しかしそうすると国の予算が足りないという問題だったり、これから先どんどん子供の数が減っていくので作りすぎると10年後に確実に持て余してしまうという問題とか、色々あるようですけど。

第3章「保育士不足」について。新聞などでも給与の低さによる保育士不足問題は何度も何度も見かけていますけど、それだけではなく責任の重さだったり拘束時間の長さだったり、色々と大変な部分が多いようです。仕事自体は楽しくやりがいのある仕事というアンケート結果もあるようですが…。不足すればするほど給与も上がって待遇もよくなっていきそうなものですけど、この辺はいまいち他の業界でもそうならないことも多いようですね。介護業界とかも、人手不足なのに給与低いままとか。低い給与で人材募集してもなんだかんだ誰かは応募してくるってことなのかなぁ。

第4章「保育園の量と質」について。例えば線路下の保育園、騒音があって環境はよくないけど住民の反対を受けずに新しく保育園を作ろうとするとそういう場所になってしまうという問題。新しく保育園を作ろうとすると必ず住民の反対があるそうですね。これもめっちゃニュースを見ますね。まぁたしかにすぐ隣でめっちゃうるさかったりすると嫌な人には嫌かもしれませんが…。ちなみに私は新幹線などで隣で赤ちゃんがガン泣きしていても平穏な心で読書を続けられる人間です。なので家や職場の隣が保育園でも問題ないですね。

第5章「働き方問題」について。子供の保育の問題に関連して大人の長時間労働などの問題がそもそも有るよねという話。これは本当に100理ありますよね。労働時間が長いとか休みが取れないとか、こっちはこっちで本当に何とかしないといけないこの国の大問題だと思います。夫よりも妻の方が家事・育児の時間が長くなる問題も、労働時間問題と関連していますよね。

以上、保育園に関連した色々な問題について、網羅的にわかりやすく語られた本でした。現代日本で子供を産み育てるのって本当に大変な苦労を伴うものだなぁと思いますね。とりあえず、この国は老人層に使うお金を削って若者層や教育に投資するべきだと思います。でもそんなことしたら選挙で負けるからできないという、民主主義のワナ。

『完璧な家』ネタバレ感想

B.A.パリス『完璧な家』ハーパーBOOKS 2017年3月刊

 

f:id:seoma:20170822115240j:plain

 (どうがんばっても画像が上下逆で表示されてしまって笑う)

 

※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います

 

「全英100万部のベストセラー」と帯には書いてありますね。イギリスの小説の翻訳版なのかな。人から「おもしろいらしい」とおすすめされて買ってみました。帰省から戻ってくる新幹線の中で一気に読破しました。最後までかなりおもしろかったです。

最初は数ページだけ読んで翻訳文!って感じの文体に拒否反応が出てしまって読むのを中断していたのですけど、我慢して読み始めたら、途中からまったく気にならなくなりました。文章が良いとは最後までまったく思えませんでしたけど、少なくとも悪い文章だとも思わず、最後まで楽しく読むことができました。

ネタバレ全開で語りますけど、結局ジャック=エンジェルってどれくらいのサイコパスだったのですかね。作中で人を殺してるわけでもないですし、いまいち恐怖感というかこいつやべえ感がなかったなぁと思いました。現代日本人の私はエンターテイメント内での刺激に慣れすぎていて、正直これくらいだと普通寄りのちょいメンヘラキャラだなぁって感じです。結構ありがちですよね。デレないところがフェイントですけど。イギリス人だとこれくらいのキャラでもこいつやべぇええええって感じになるのかな。イギリス人じゃないからわからないな。

でも最後エスターと2人で警察への証言を考えるシーンはめちゃめちゃわくわくしました。おおお~って感じで。エスターこう来るかああって。最後の「ミリーの部屋は何色だったの」も最高に上手い台詞回しだったと思います。このあと警察にどう話してどうなったかもめっちゃ知りたいですけど、この台詞で終わられるともうここで物語は綺麗に完結だなぁと思えます。

たまには翻訳文の小説も、おもしろいですね。

『あなたは嘘を見抜けない』ネタバレ感想

菅原和也『あなたは嘘を見抜けない』講談社文庫 2017年7月刊

 

f:id:seoma:20170822115415j:plain

 

※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。

 

帯には「廃島を舞台に嘘つきたちの騙し合い」とありますけど、別にそういうストーリーでは無かったですね。騙し合いなんてまったく描かれてなかった。ついでにいうと表紙の絵も内容と合ってないですよね。でも本業界ってこういうところ結構テキトーですよね。内輪向け業界というか。ノリで許されるでしょ的な。実際私もノリで許しますし。帯なんて嘘でもおっけーです。

事前知識ゼロで本屋の新刊コーナーから一番ミステリっぽいやつをと思って購入したのですが、実際すごくミステリぽい小説で、最後まで楽しめました。こういうのめっちゃ好きです。最初の10ページくらい読んだ段階で叙述トリックの存在を感じて、一気にテンション上がりました。匿名ハンドルネームでお互い本名を知らない設定って、絶対あとで実はこの人は……みたいなオチが用意されてるパターンですよね。

ラニンジンと唐橋美紀は何となく別人ぽいなぁと思いながら読んでました。ノラニンジンがものすごい美人描写されていたので、これから死ぬ人物には見えなかった。でも他の部分はだいたいだまされました。エリエリが美紀なのかな?とか郁美なのかな?とか想像したりしてましたけど、全然違った。

郁美が主人公携帯の前園の写真を見て「この人、知ってる人?」というシーンは、かなりわくわくしました。ついに孤島編と高辻裕樹編が繋がったって感じで。それでいて真相は不明な感じで。

この作者の他の本もちょっと読んでみたくなりました。こんな感じの叙述トリック系ミステリをもっと読みたいですね。

そういえば「傑作」ではなくカ行から始まる「っさく」っての、なんで作中で曖昧にされたまま終わってしまったのですかね。何て単語なのか全然わからないですし調べる気もないですけど、ちょっと違和感が残る部分でした。