読んだ本の感想など

電車の中やカフェで読んだ本の感想などを。

小林泰三『クララ殺し』ネタバレ感想

小林泰三『クララ殺し』創元推理文庫 2020年2月刊

 

f:id:seoma:20200328230550j:plain

 

※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。

 

前作アリス殺しがおもしろかったので、twitterで続編出てるよと教えてもらって、すぐに買いに行きました。これもまたかなり長い日数をかけて読破しました。最近は眠くなる限界まで起きていてそのままベッドへ倒れるみたいに寝る日が多くて、寝る前の読書がなかなかできていませんでした。

今作も安定しておもしろかったです。会話文がものすごく面倒くさい感じの文体ですけど、2作目だったせいか、慣れました。これはこれでおもしろい文体なんじゃないかとすら思った。

完全にネタバレで語りますけど、前作とオチ同じでしたね。アリスと見せかけてアリスじゃない、クララと見せかけてクララじゃない。まぁこういうオチでもないとひねりがないですし。読んでいて途中からそうなのだろうなという感じはしましたよね。マドモワゼル・ド・スキュデリというキャラについては描写がしっかりあるのに新藤礼都というキャラについてはあまり描写がなくって、マドモワゼル・ド・スキュデリ=新藤礼都っぽくなかった。

なんか、2~3週間くらいかけて少しずつ読んでいたせいか、現実世界で死んでもホフマン宇宙では死なないという理論がよく把握できませんでした。逆は有るのに。前作アリス殺しからそうでしたっけ…。覚えてないですね。

基本ギャグノリなので、ドロッセルマイアーに似た人を現実世界で用意したという無理やりトリックも、まぁ有りかなって感じでした。

あと、帯の「まさかの続編!」という日本語にめちゃめちゃ笑った。本当に、まさか続編が可能だとは思えませんでした。しかも主人公同じで。オチまで同じで…。次のドロシイ殺しとティンカーベル殺しという作品も、もしかして同じ主人公同じオチなのですかね…。まぁそれでも買うかも。

倉井眉介『怪物の木こり』ネタバレ感想

倉井眉介『怪物の木こり』宝島社文庫 2020年2月刊

 

f:id:seoma:20200304170919j:plain

 

※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。

 

久しぶりのブログ更新になりました。

さすがに確定申告の期間は読書時間が減っていました。でも3月に入り仕事も落ち着いてきましたので、これからはのんびり小説を読む時間は増えていきそうです。よかった。

小説の感想も書いていきたいし、税理士の仕事や事務所運営についても語りたい。世の中のビジネス事情というかビジネス慣習についても思うところいっぱいありますし、これから友人と設立する税理士法人は最高にかっこいい会社にしたい。夢を語りたくて仕方がない。けどこのブログで書くのも違うのかな。事務所サイトの方かな。それかインスタか。インスタ映えする会社にしたい。

それはいいとして。怪物の木こり。おもしろかったです。続きが気になって電車の中でも読んで、駅に着いても続きを読みたくて、乗り過ごして読み続けるかちょっと迷ったほどでした。さすがに仕事だったので降りましたけど。

二宮くんパートの方がメインという感じでしたけど、キャラクターも好感持てて、最初から最後まですごいおもしろかったです。主人公vs殺人鬼で、殺人鬼vs殺人鬼という展開なのがおもしろかったですね。緊張感があった。途中の時点では友人の医者が犯人なのかと思いました。逆に犯人じゃないならこのキャラって何?くらいの感じで。いつ裏切るのか、みたいな。なので、最後まで友人関係のまま終わったのが何だか意外でしたね。

終わり方がすごいさわやかなのがちょっと笑えたというか。でもこの小説のこういうノリは良かったですね。同じキャラクターの続編が読みたくなりました。彼女のキャラも好感持てましたし。

警察パートはサブストーリーみたいな感じで読んでいましたけど最後はちょっと繋がってきて、そこはおもしろかったですね。

そういえば序盤は会話文などの文体にちょっとなじめなかったのですけど、途中からあまり気にならなくなりました。

この作者の続編は、絶対買いたいですね。

PHP新書『売ってはいけない』感想

永井孝尚『売ってはいけない』PHP新書 2019年10月刊

 

f:id:seoma:20200127000317j:plain

 

また久しぶりのブログ更新になりました。ここ1ヶ月くらいいそがしくて読書時間が減っていたのですが、最近ようやく仕事や生活も落ち着いてきて時間が取れるようになってきたので、どんどん読書していこうと思います。そして感想を書き留めていこうと思います。こういう文章を書いていると、書いているうちに考えが整理されてきて、どこかで自分の考えを人に伝えるときに役に立つことがあります。

というわけで『売ってはいけない』という本。読みやすくて内容も納得感があって、いい本でした。こういう売り方はよくないというのが具体的な事例で紹介されていて、逆にこういう売り方で成功してるというような事例も具体的に紹介されていました。ネスレやマルイが商品を売るのではないやり方で成功している事例や、クレーマーには売らないやり方や、ターゲットをしぼって売るやり方などなど。知らない事例も普通にあって、とても興味深い内容でした。こういう理由で成功しているという分析も、読んでいて納得感がありました。

税理士事務所も色々な売り方がありますよね。というか私は独立してから売り方のことばかり考えて事務所運営しています。将来どういう事務所にしたいか、それなら今のうちからこうやって売っていかないといけない、というような。1人で自宅兼事務所でやっていた時代から駅前のオフィスビルに広くてかっこいい税理士法人のオフィスを構える前提で行動していました。思えば開業してすぐの売上が無かった時期から色んな税理士の先輩がたに妹尾くんはそのうち絶対売上伸びるよと言ってもらえたのもとてもありがたくって、そのおかげで将来まで見据えて戦略的に事務所運営していけたと思っています。

私もまったく営業をしていませんので、この本でいうところの売らずに売るというベクトルに近いかもしれません。売らずに売るやり方も色々とあるみたいですが、現状の私の場合は、完全にキャラクター売りです。私というキャラクターを気に入ってもらって顧問先になってもらっています。私のことを好きになってもらって、それで選んでもらう。私も私のことを好きな人のことが好きなので相思相愛になれて、とてもウィンウィン状態で楽しく仕事できています。その人のことを好きなので、その人が得するように、その人が幸せになるように、その人のために仕事できているという感じです。

ただ、キャラクター売りだとどうしても上限があって、年収がどこかで頭打ちになると思います。私を求めて来てくれる方々を相手に私以外の従業員が応対するわけにはいきませんし。私は週4日くらい働くのが理想で、がんばれば週5~6日働けますけど、がんばってもそれが上限なので、そうなったらあとは仕事をすべて断るしかないです。たぶん週6~7日とかで働いて年収2000万円くらいが頭打ちだと思います。ただ、私は週4日で年収1000万円で十分です。というかもっと低くても全然いいです。お金のかかる趣味もありませんし。現状で満足すぎるので欲がわいてこないですね。

キャラクター売りからシステム売りに変更していくという手もありますけど、現状まったく気が乗らないですね。従業員をいっぱい雇おうとしたら考えが変わっていったりもするのかなぁ。それか、現実的な話として、30代税理士のときは税理士でーすというだけで仕事が来てましたけど50代60代になったらそうもいかないかもしれない。それくらいの年齢になったら税理士法人の中の若くて優秀な人たちをメインにして、自分はサブとして仕事していくのかなーとぼんやり思っています。