読んだ本の感想など

電車の中やカフェで読んだ本の感想などを。

『日本の分断 切り離される非大卒若者たち』感想

吉川徹『日本の分断 切り離される非大卒若者たち』光文社新書 2018年4月刊

 

f:id:seoma:20180622135305j:plain

 

壮年大卒男性、 壮年大卒女性 (壮年=40代50代)

壮年非大卒男性、壮年非大卒女性

若年大卒男性、 若年大卒女性 (若年=20代30代)

若年非大卒男性、若年非大卒女性

現代の日本は ↑ の8グループに分断されているという。グループごとに、人生の満足度や社会参加度などが大幅に違ってくるらしい。

私は ↑ のグループでいうと若年大卒男性で、たしかにこの本で言われている通り、収入があって人生にある程度満足していて独身です。若年大卒男性は「絆の少ない自立層」とありましたけど、まさに私はその典型的なタイプと言えるかもしれません。他の階層の人たちがまったく周りにいないことも、この本の通り。ほんとに典型ですね。

このグループの中で問題なのは若年非大卒男性と若年非大卒女性で、社会から切り離されているという状態らしいです。働き盛りでありながら職業人として不安定な状況にあり、職業威信や収入が低い、と。そして社会参加や文化的活動という視点で見ても、他グループと比べて低いそうです。この層について「読者のなかには、彼らと日常的な接点が少なく、実像をつかみかねているという人もいるかもしれません」という一文がありました。やはり大卒男女が読者として想定されているのかな。たしかに、社会全体でこの層を支えていく必要があると言われても、自分の周りに一人もいなくてぴんと来ないという感じはありますね。指摘自体は本当にその通りだと思うのですけど。

あとは、読んでいて笑ったのが「イクメンは若年大卒男性の夢」という内容ですね。若年大卒男性は世の中のイクメンキャンペーンの通りに育児意識が高まっているが彼らの多くは独身なので夢で終わっている、と。実際イクメンとかフェミニズムとか言ってたらモテないですしね。そういうこと考えている人の方が独身ってイメージはたしかにありますよね。ちなみに私も典型的独身男性なので育児意識は高いです。赤ちゃんをお風呂に入れるやり方も知っています。しかしこの先の人生で育児をする機会があるかどうかは、わからないですね。無駄な知識を身に付けてしまったかな。

八木圭一『手がかりは一皿の中に』ネタバレ感想

八木圭一『手がかりは一皿の中に』集英社文庫 2018年6月刊

 

f:id:seoma:20180613142218j:plain

 

※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。

(この記事はネタバレというほどのネタバレは無いかもしれません)

 

 本屋の新刊コーナーに並んでいるのを見て購入しました。「このミステリーがすごい大賞」の『一千兆円の身代金』の作者の新作らしい。『一千兆円の身代金』は前に読んだことがありましたけど、正直そんな刺さらなかったかなぁという印象でした。

さてさて。この『手がかりは一皿の中に』は、細かい設定のリアルさがとてもおもしろかったです。主人公が勤務する株式会社ワンプレートの「ワンプ」とか。ありそう感がすごかった。Retty、食べログなんかの名前が作中でしっかり出てくるのが良いですね。帝国ホテルのランデブーラウンジバーとかも。現代日本が舞台だというのがリアルにわかって、とても良い。あとは、熟成鮨とか、ワインのBYOからの投資詐欺とかもちょっとリアル感がありましたね。

なんていうか、細部が凝っている感じがあって、おもしろい小説だったと思います。姉弟の会話も笑える感じでした。注文がしっかり通ってるかどうか目の前で店員に確認されて弟がうざがるシーンとか。笑えました。

ミステリ的な意味では、犯人もトリックも特にひねりも無く普通な感じでしたが、そういう部分を楽しむ小説ではないのだろうと思います。ありそうなところをついてくる設定を楽しむ小説というか。細部のリアル感を楽しむ小説なのだろうと思います。主人公が人と一緒に過ごす楽しさを知っていくという成長物語の要素もあったみたいですけどそういう部分もさらっと描写されるだけでしたし。そういうあっさりした雰囲気も、それはそれで読みやすくて良かったと思います。

歌野晶午『絶望ノート』ネタバレ感想

歌野晶午『絶望ノート』幻冬舎文庫 2012年8月刊

 

f:id:seoma:20180611123750j:plain

 

※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。

 

これもTwitterで存在を知って購入。古い小説だったせいか吉祥寺の本屋で売ってなくって、Amazonで購入しました。なかなか分厚い本でしたけど、すいすい読めて2~3日くらいで読み切ってしまいました。

『葉桜の季節に~』の作者の小説だったみたいです。『葉桜の~』はめちゃめちゃ騙されて、かなりおもしろい小説でしたね。それで言うと、この『絶望ノート』は、正直『葉桜の~』ほどの衝撃度はなかったと思います。

ネタバレで語ります。

ネタバレ無しで語れないタイプの小説ですよね。途中まで私はこの主人公が実は女子でしたというオチなのかなーと思いながら読んでいました。いじめグループの中でキャラクターがしっかり語られているのが是永くんくらいでしたし、他の名字だけの人たちは女子で男女混合グループというオチなのかなぁと。それなら女子トイレに連れ込まれて男の先生に近づくなと言われる展開も納得ですし。でもそれは作者のひっかけでしたね。というか女子トイレに連れ込まれたエピソードは結局何だったのかよくわからなかった気が…。この部分の創作の意図がわからないというか。

親へ向けたメッセージだったというオチは、とても納得感があっておもしろかったです。 親と子が交互に語られる構成に対しても「そういうことだったのかあ」と思えましたし。あとは、母親がノートは創作じゃないかと疑うシーンが作中で何度もあったのが逆に上手いというか、全部創作でしたオチの納得感も高まりましたし。

主人公が万引きクズだったというオチになりましたけど、家庭環境的にそうなったと納得できる部分もあり、落ち着くところに落ち着いた感じの終わり方で、とても良かったと思います。