読んだ本の感想など

電車の中やカフェで読んだ本の感想などを。

『女子とお金のリアル』すばる舎 感想

小田桐あさぎ『女子とお金のリアル』すばる舎 2023年8月刊 

 

 

確定申告も終わり、ゆっくり読書できるようになりました。小説も新書も漫画もこれからのんびり読んでいきたいと思います。こういうお金関係の本も読んでいこうと思います。税理士なので普通の人の100倍くらいはお金について詳しいですけど、マネー本を読んで勉強になることって結構多いです。この本はマネー本の中では明らかにプロ向けの本では無いと思いますけど、共感できる部分が多くてとてもおもしろかったです。

お金に対する心持ちや考え方について書かれた本でした。こういう考え方をすればお金のある人生になるという内容で、共感できて納得感のある内容が多かったです。お金は人からの感謝を集めた結果という話や、ビジネスとはいわばプレゼント選びという話などなど。貯金せずに自分に投資するという考え方も、とても共感でした。私も家族旅行にひたすらお金を使っていますけど、あとから思い返して楽しい気分になったりしていますね。そういうお金の使い方はとても良いと思っています。ついでに言うとうちの家も一人のためにお風呂を入れますし、エアコンは付けっぱなしです。細かい金額は誤差なので気にしないように生きています。もしエアコンの付けっぱなしで喧嘩したりイライラしたりすることがあるとすればそれは本当にお金で解決できる問題だと思います。

嫌なことをしないで好きなことだけするという考えも、とても納得でした。好きなことだけしていれば好きなことのスキルが積みあがっていくという考え。その通りだなと思いました。好きだから楽しく続けられますし、楽しく仕事を続けた結果クオリティが上がって稼ぎも増えるというのは理想的で、とても良いと思います。

一番ズルイと思う人を真似するとか、他人の得が許せないアンチとか、作者の人の言い回しがおもしろくてすいすい読めてしまいました。作者の素直な感じというか、欲望にストレートであろうという姿勢が伝わってきて、好感を持てました。さっと読めて印象に残る良い本でした。