読んだ本の感想など

電車の中やカフェで読んだ本の感想などを。

バチェロレッテジャパン シーズン2 最終話まで感想

バチェロレッテジャパン シーズン2 最終話までの感想

 

バチェロレッテ2、終わりましたね。毎週楽しみに観てました。あっという間だったなぁと思います。次のバチェロレッテ3かバチェラー5も今から楽しみですね。

※バチェロレッテ2の最終話までネタバレで語ります。

※バチェロレッテ1のネタバレもあるかも。

まず、予想はだいぶ外れました。ジェイや阿部さんがあんなに残ると思わなかった。リオンくんは顔と性格が良いので終盤まで落とさないというのは納得でしたが。最後も、長谷川さんかなぁと思っていたらマクファーでびっくりしました。

でも最後に長谷川さんを選ばなかった理由については、とてもとても納得でした。この旅で別の自分へ成長したと言われてもその前の自分に戻るんじゃないか…みたいな感じの話。そこを信じ切れなくて…という。納得感がありましたね。終盤まで長谷川さんが好きだったとぶっちゃけるのに対してすごいな…と思いましたが、そのあとのマクファーとのやり取りを見て、そういうところまで話せる信頼関係ができあがっているのだろうなという感じで、これはもう祝福でしたね。マクファーが忠犬のような感じというか、バチェロレッテ側も居心地良さそうな雰囲気がありましたね。犬になつかれなかったときはこれが原因で選ばれなかったらかわいそうすぎるな…と思いましたが。

長谷川さんも、あれだけ手紙を書いたりプロポーズしたりして最後に選ばれなかったのは、かわいそうすぎますね。最後は長谷川さんが選ばれるかと思ってましたけど。まぁ、長谷川さんは女子をいじってくる系の男子って感じでしたし、起業家のバチェロレッテとはどちらにしても合わなかったですかね。結婚は無さそうでしたよね。プロポーズされた状態で最後選んでしまったら結婚ですし、まぁそれはきついですよね。長谷川さんはプロポーズしてなかったらまだ可能性あったかもですね。

でも最終話はめちゃめちゃおもしろかったです。バチェロレッテ1よりも最後はおもしろかった。良い終わり方だったなぁと思いました。正直バチェロレッテ1のときの杉ちゃんのようなインパクトは無いなぁと思いながら毎週観ていましたけど、終盤はバチェロレッテ1よりもおもしろかったですね。

バチェロレッテ1の萌子さんは、相手には面接官のように質問しながら自分のことは開示しないという感じで、その結果として終盤に残った男性陣の誰とも結婚どころか付き合う姿も想像できなかったですよね。番組じゃなかったら1日デートするのもきついんじゃ…という感じというか、下手したらバチェロレッテ側がフラれて終わるんじゃ…というような相手まで残ってましたし。今回のバチェロレッテ2の人はそのあたりは完璧というか、長谷川さんもマクファーもガチ度が高い感じで、2人とも自分が選ばれたいと思っている中でしっかりバチェロレッテ側が1人を選ぶというラストで、完璧な最終話だったと思います。なんか全体的にバチェロレッテの人が仕事ができすぎてこわいという感じがありましたよね。完全にプロ彼女というか。100点満点のプロ彼女というか。ガチガチにバチェロレッテを演じてますって感じで、めちゃめちゃ仕事のできる人なのだろうというのは伝わってきましたけど、なんかそれが逆にこわいというか、そんな感じでした。バチェロレッテ1と2で完全に真逆だったのはAmazon側がそういう人を選んだのかな。よくこんなすごい人を見つけてきたなと思いましたね。

一番最初のバチェラー1のバチェラーの人も一切本心を見せないでひたすらバチェラーを演じてますって感じでしたけど、今回のバチェロレッテの人はなんかそれに近い感じでしたね。

全然関係ないけど今回のバチェロレッテのお母さんが完全に面接官って感じで、ちょっと前回のバチェロレッテの人を思い出しました。というかこんな感じでコミュニケーションをとってくる女性って実際めちゃめちゃいますけどね。もう私の年齢になると無いでしょうけど20代30代の独身男性に対してという意味で。私は何を聞かれてもOKな人間なのでそういうタイプの女性陣とは相性は良かったと思います。別に嫌いではなかったですね。たぶん悪意はないのだろうと思いますし。単に相手に好かれようと思ってないだけで。「店員に対してタメ口な男」と同じカテゴリーですよね。

今回の参加の男性陣はみんな良い人というか、みんな手紙を用意したりレベルが上がってるなと思いました。2回目ですしね。でもやっぱり何ヶ月も仕事を空けても大丈夫な職業の人たちだけで構成されるというのは大きな弱点ですよね。これがバチェラーなら職業モデルとかの女性陣の中から選ぶのも普通というか納得感があるのですけど、バチェロレッテがそういう職業の男性陣の中から選ぶというのは、うーーんという感じがしてしまいます。絶対可能性無いような年下の男性とか40歳の男性とか混ざってましたし。30歳くらいのエリート系職業の男性がまったくいないという。たぶんそういう層はバチェロレッテに参加しないで仕事してるんでしょうね。でも今回のように起業家タイプの女性が献身的なスポーツマンタイプの男性を選ぶというのはまぁ納得感はあるかなと思いました。

漫画『ONE PIECE』のワンピースの正体とは(考察)

漫画『ONE PIECE』のワンピース(ひとつなぎの大秘宝)の正体とは(考察)

 

 

ひとつ前の記事で漫画『ONE PIECE』の感想をつらつらと書きましたが、今回は漫画『ONE PIECE』の今後の展開のすべてについて、最終章が始まる前に、予想を書いておきます。

※ 漫画『ONE PIECE』について最終章の手前までネタバレで語っています。

※ 正直そこまで読み込んでいないので何か矛盾があったらごめんなさい。

ワンピース(ひとつなぎの大秘宝)については、ミステリで言う叙述トリック的なものが使われていると考えます。つまり、読者はラフテルにある「莫大な宝」のことをワンピース(ひとつなぎの大秘宝)だと思いながら読んでいますが、作中でロジャーや白ひげがワンピースと語るときのワンピースは、その莫大な宝とは別の何かだという話です。ここまではもう確定で良いと思っています。59巻で白ひげが死に際に「ワンピースは実在する!」と言ったときに、その前のページでロジャーと白ひげが「ラフテルへの行き方でも教えようか」と会話している回想シーンがはさまれるわけですが、「ラフテルにあるワンピース」というような言い方は一切されていません。ただし作中の海賊たちはラフテルにワンピースがあると思って冒険をしています。96巻で「世間はロジャーが手に入れた全ての物を総称しワンピース(ひとつなぎの大秘宝)と呼んだ」というナレーションがあります。

ラフテルにある「莫大な宝」はジョイボーイが800年前に残した笑い話的な何かで、ワンピースはルフィの時代でないと見つけることができないもので、世界をひっくり返す何かです。それぞれ具体的な中身については今からでも変更可能な構成になっています。これは作者はあえてそうしていると思います。

最終章のストーリー展開予想としては、まず先にラフテルの宝の内容が明かされます。ルフィがついにたどり着く。笑い話的な何かがそこにあると。温泉だったり巨大なワンピース(服)だったりギャグ漫画だったりそんなものだと思われます。読者は一瞬それがワンピースかと思いますが、そこでジョイボーイの日誌か手紙か何かでワンピースは別に存在するということが明かされるのだと思います。

ワンピースというのは、ロジャーの時代から25年後(作中のルフィの時代)でないと見つけることができないものというのも確定で良いと思います。96巻「おれ達は…早すぎたんだ」「ワンピースか……誰が見つけるんだろうな」「そりゃおれの息子だな!」ラフテル後のロジャーとレイリーの会話です。つまり作中でまだ誰も見つけていない何かです。ロジャーもジョイボーイも見つけられなかったワンピースをルフィが見つけるというストーリーです。

ロジャーの「おれ達は…早すぎたんだ」の台詞は人魚姫しらほし(=古代兵器ポセイドン)が生まれていないことに対して言っている台詞と思われますので、ワンピースの正体も古代兵器関連の何かになるのが妥当と思います。やはりウラヌス、プルトン、ポセイドンの3つがワンピ―スで、それを使って世界政府を倒すという流れが自然かと思います。魚人島を地上に移動させたりレッドラインを壊して世界の海を一つにしたりも古代兵器の力で実現すると。

ただし、作中でワンピースと呼ばれるのは古代兵器ではなくルフィが残した財宝という展開がもっとも美しいかなと思います。ルフィが残したものが世間的にワンピースと呼ばれていくと。ルフィの夢の果てに通ずるものですね。これも諸説あるみたいですが、やはりオリンピック説がもっとも美しいと思います。金銀財宝は最終的に見つけるとして、その財宝で金メダル銀メダルを作ってオリンピックを開催すると。国家や人種を超えて世界中のみんなで仲良くお祭りをしようというようなノリで。

※追記ですが、仕事中に従業員の従兄弟とめちゃめちゃ話し込んだ結果、ワンピースは古代兵器というよりは古代兵器を使わないと行けない場所にある何かという説が従兄弟から提唱されました。そっちの方が当たってそうだなぁ〜。

この漫画は人種差別や奴隷制度や国家間の搾取などがかなり露骨に描かれてきていますけど、やはり最終的にルフィがそういうものをすべてぶち壊して「人種や国家で差別されることのない世界」を作るというのが少年漫画的で美しいかなと思います。それが世界を自由にすることだという流れで。もちろんルフィが意識してそうするというよりは結果的にそうなるという感じのストーリーですね。支配の象徴である世界政府を倒して、そのあとはオリンピック的なものを通してルフィの自由の思想が世界に広がっていって色んな国家や色んな人種の人たちが仲良く宴していくというような終わり方がとても美しいと思います。

漫画『ONE PIECE』最終章手前までネタバレ感想

漫画『ONE PIECE』ネタバレ感想(最終章の手前まで)

 

 

今さらながら漫画『ONE PIECE』についてです。現在、最終章に向けて1ヶ月の休載期間中で、webで全話無料公開されているようです。一気に全話ではなく順番にということのようですが、そのニュースを知ってまた読み始めて、勢い余って電子書籍で全巻購入してしまいました。1巻から最新102巻まで全部。すごい昔に紙の本で購入していましたので、これでワンピースを2回買ったことになってしまった。

ところどころ抜けていたのですけど、これで一気に追いつきました。ちなみにヒトヒトの実モデル幻獣種太陽の神ニカというのはYahooニュースで知りました。え~~??って感じでした。リアルタイムで毎週読みながら知りたかったですね…。

というわけでワンピースの最終章手前の最新話までネタバレ有りで語ります。

この前、従兄弟の従業員と2人で韓国料理屋で飲んでいて、最初は仕事の話などをしていたのですけど、途中からひたすらワンピースの話でした。ヒトヒトの実モデル太陽の神ニカはほんとリアルタイムで祭りに参加したかったですねえ。ワンピース系のYoutuberの動画再生もニカの動画だけ再生回数すごいまわってますもんね。当時の祭りの大きさが伺えます。ちなみに従兄弟はリアルタイムで毎週ジャンプで読んでいたらしくて、油の実という予想に対して一番説得力を感じていたそうです。明かされる前の週の最後のコマでルフィの髪の毛がドロッとしていたり。作者があえてそういう考察系を外そうとしているフシもあるみたいで、予想できないオチにしてくる傾向もあるらしいですね。従兄弟は太陽の神ニカがもともとゴム人間だという設定に納得がいっていないそうですが。それについてはYahooニュースで知った私もいままでゴムゴムの実だったのに今さら別の実…!?って感じでしたね。無理がありすぎるんじゃ…って感じで。エネルの雷がゴムだから効かなかったのは何だったのか…という。どうやら最新の考察によると打撃と雷だけじゃなくて火も効かないとか、もっと色んなものがだいたい効かない体質なんじゃないかとか言われているらしいですが。うーーん。

これから最終章に入りますけど、ルフィが最強になってしまって、もうこれ以上戦う相手がいないですよね。黒ひげとかルフィがあっひゃっひゃ状態になったらワンパンでしょ。世界最強の生物カイドウを倒したのに。頂上戦争のような盛り上がりはもう無いのかなーと思ってしまいますね。もちろんそこを超える盛り上がりがあってほしいですけど。頂上戦争はルフィが「お前にゃまだこのステージは早すぎるよ」と言われて、だからこそオチが読めなくて最高におもしろかったですけど、今はもうルフィが戦ったら勝ちが確定してしまいます。ルフィのいないところで海軍vs革命軍とか、黒ひげvsシャンクスとか、そういう戦いくらいしか盛り上がりが無くなってしまったんじゃ…という悲しさはありますね。

ワンピースの正体やルフィの夢の果ては何なのか。これは本当に諸説あるみたいですけど、巨大や温泉説や巨大やワンピース(&ジョイボーイの出せなかったラブレター)説や莫大な黄金でルフィがそれを使って宝払いしたりオリンピックを開催したりする説なんかはどれもすごい説得力を感じました。こういう説を読んでいくのはめちゃめちゃおもしろかった。とはいえ、ワンピースについては見つけたら世界がひっくる返る莫大な宝というのが大前提にありますから、やっぱりレッドラインを壊して世界の海を一つにするような力(兵器)というのが一番しっくりくる回答な気はします。10年前か20年前くらいから言われていた説ですけど。魚人島から魚人を避難させたりしないといけないから条件が合わないと使えないという感じでロジャーは早すぎたと。ロジャーがラフテルで見つけた宝はワンピースとは別物のような描かれ方もありますよね。「おれ達は…早すぎたんだ ワンピースか…誰が見つけるんだろうな」「そりゃおれの息子だな!」これがラフテル後の会話ですし。ということはラフテルの「莫大な宝」は単にジョイボーイが残した笑い話的な何かで(温泉でもラブレターでも)、ワンピースはそれとは別のもの、何か条件が必要なものということになるのかな。ロジャーの時代より25年先のルフィの時代でないとダメというのは確定として。2つの王がそろうというのがきっと関係していて、片方の王がポセイドン人魚姫だということは、古代兵器にも関係している何か…という感じで。

ルフィとロジャーの夢の果てについても色々な説があるみたいですが、オリンピック開催説に説得力を感じています。あとは宝探しゲーム開催説もおもしろかったですね。ロジャーはきちんと夢を実現させて死んだということになるのが美しい。ただ、エースの「あいつは本気でやれると考えている」という台詞もありますから、ある程度実現困難なものなのだろうとは思います。そうなるとやっぱりオリンピック開催が一番すっきりするかなぁと思います。国も人種も関係なく皆で同じ条件で祭りだ~的な。

ワンピースの世界観が自由と支配の対立構造になっているというのは、なるほどな~と思いました。作中で奴隷制度とか人種差別について結構しっかり描かれていて少年ジャンプなのにすごいな~と思っていましたし。ルフィやロジャーはもちろん自由側の立ち位置なので、やはり最終的にルフィが成し遂げることが「国や人種で差別されることのない世界を作る」だというのがとてもしっくりくると思います。とっても自由だと思いますし。みんなで宴をするみたいなノリで。ワンピースの正体やルフィの夢の果てについても、そこにつながっていくような何かになるんじゃないかなと思います。

最新話で、体が女性で心が男性のキャラが男湯に入って、体が男性で心が女性のキャラが女湯に入ったりしていて、かなり現代的というか、踏み込んでいく姿勢みたいなものを少し感じました。もちろん20年以上前の作品なので古臭い男女観みたいなものも感じますけども。

 

https://www.youtube.com/watch?v=lv_N-ZnNsHU

この動画を見てディズニーにめちゃめちゃ行きたくなってしまいました。こんなにディズニーからいっぱいとっているとは知りませんでした。普通にディズニーランドもシーも行きたいですけどワンピースの聖地巡礼的な意味でも行きたくなりました。

最終章は、盛り上がってそうなら毎週リアルタイムで読んでいきたいなぁと思っています。でも少年ジャンプの他の漫画、もうほぼ知らないのですよね~。まぁ読んだら読んだでおもしろいかな~。