読んだ本の感想など

電車の中やカフェで読んだ本の感想などを。

鴨崎暖炉『密室黄金時代の殺人』ネタバレ感想

鴨崎暖炉『密室黄金時代の殺人 雪の館と六つのトリック』宝島社文庫 2022年2月刊

 

f:id:seoma:20220409000054j:plain

 

※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。

 

吉祥寺アトレ2階の本屋で買いました。寝る前に少しずつ読み進めて、1週間くらいで読破しました。

最初はキャラクターの会話のノリにまったく馴染めなかったのですけど、最後の方は割と普通に読めました。慣れたというか。登場人物がどんどん死んでいって変な感じの会話劇が少なくなっていったからかもしれません。

完全にフィクションに振り切った設定で、序盤からずっと作者が「これはフィクションですよ」「こういうファンタジー世界観ですよ」と主張し続けているような作品でしたけど、そういうのは嫌いじゃなかったです。密室殺人が日本中で常におこなわれている世界観という。殺人に対する軽さとか。人を殺して「さて、では密室を作りますか」と言う犯人とか。おもしろかったです。密室以外のことは些細なことだから犯人は教える、とか。「すべてを密室に捧げなさい」とかパワーワードだなぁと思いながら読みました。すべてを密室に捧げないと密室の謎は解けない。

ここからネタバレで語ります。

密室の謎解きについては、1個目の「ドアを開けたタイミングで鍵が室内に滑り込んでいく」は結構わくわくしましたけど、2個目以降はあんまり…という感想でした。でも最後の扉を交換するのはおもしろかったですね。予想できなかったです。めちゃめちゃ無理があるオチでしたけど。1人で扉を抱えて階段を昇り降りして運んで交換するとか。作中の密室殺人のパターン分類でいうと「⑨合鍵を使う」に含まれそうな気もしますけど、扉を交換して「鍵を増やした(室内の鍵を合鍵にした)」というような感じですからまたちょっと違うのかな。

こういうトリック全開のミステリも、なかなかおもしろかったと思います。仕事も落ち着きましたし、これから色々と小説を読んでいこうと思います。

日経プレミア『「あざとい」伝え方入門』感想

山本御稔『「あざとい」伝え方入門』日経プレミア 2021年12月刊

 

f:id:seoma:20220407214349j:plain

 

久しぶりのブログ更新になりました。やはり確定申告の時期はいそがしいですね。今はようやく暇になったので、のんびり読書したり勉強したり美術館に行ったりしながら過ごしていこうと思います。

コミュニケーションについての色々な事例紹介みたいな内容の本でした。こういうときにはこういうテクニックがあります的な。なかなか興味深く読めました。会議やプレゼンについての事例が多かったです。

ちなみに、帯の「1杯1万円のコーヒーがなぜ売れるのか」の事例は、スペインのお店の話で、コーヒー1杯でフラメンコのダンスを1時間楽しめるから客はフラメンコのダンス目的でその店へ行くという話でした。うーーんって感じですよね。それなら1万円は安いという理屈で。うーーん。全然コーヒー1杯を1万円で売っていない。もはや飲食業ですら無い。これで「1杯1万円のコーヒーがなぜ売れるのか」と言われても、せこいというか、言い方というか…。単なるワンドリンク制というか。でも、こういうことって世の中めちゃめちゃありますよね。世の中せこい大人だらけです。特に本業界のこういう帯は典型で、ユーザーをだましてでも買わせればよいという感じですよね。受賞作じゃなくても「〇〇大賞受賞」みたいな。

この本の中で挙げられていた事例の中には興味深いものも多かったです。さらさらっと読めて、良い本でした。

ポプラ新書『財産消滅』感想

岡 信太郎『財産消滅』ポプラ社 2022年1月刊

 

f:id:seoma:20220213191935j:plain

 

Amazonkindleで購入しました。Amazonタブレットを半年前くらいに買っていたのですけど、ずっと活用できていませんでした。でも一度旅行のときに使ってみたら、すぐに慣れました。全然読みやすかったです。でも寝る前に読むときは現物の本の方が軽くて良いかなー。なんか寝る前にタブレットを読む用のスタンドというものもあるらしいですが…。まぁリアル本屋も大好きなので本屋を推すためにリアル本を買っていっても良いかもしれません。

「財産消滅」ということで、認知症になると預金が引き出せなかったりして実質的に財産が無いのと同じことになったりするというような話について語られた本でした。施設に入りたくて大きなお金が必要になっても本人が認知症だと契約も支払いもできず…という。そこで成年後見人という制度があったり、という内容の本でした。事例が多めでしたけど、老後の財産についての色々な危険について語られていました。

成年後見人については、たぶん私も顧問先の方々のそういうお仕事が今後出てくるのだろうなと思っています。それに備えて税理士会成年後見人登録の研修に参加したりしています。今すでに実質的に私が後見人のような形になって生活のことや色々な支払いについてお手伝いしている顧問先もありますし。

そういえばその成年後見人の研修のときに、税理士会成年後見に対してもっともっと積極的になってほしいという要望があるという話を聞きました。成年後見って、分野的にはやはり司法書士の方が担当することが多い仕事なのでしょうか。この本の著者の方も司法書士の方のようですし。税理士として、税理士が成年後見に対して積極的でない理由はちょっとわかります。財産や相続などのお金のことについて相談を受けるのが税理士の仕事ですけど、そうなるとやはり成年後見人がつく前の状態でないと相談を受けることができないと思います。成年後見人がついたらもうあとはそのままというか。相続対策とか贈与や売却についての相談を受けるのが税理士ですけど、すべて成年後見人がつく前の段階の話ですよね。実際私が相談を受けるのも「元気なうちに財産について考えたい」というお話ばかりです。とはいえ、お元気なうちに相談を受けていた流れで私が後見人にというケースはこれから出てくるだろうと思っています。なので、しっかり勉強しておかないといけないですね。こういう題材の本はどんどん読んでいきたいですし、研修にももっと参加していきたいです。