読んだ本の感想など

電車の中やカフェで読んだ本の感想などを。

映画『勝手にふるえてろ』感想

映画『勝手にふるえてろ』公式サイト

http://furuetero-movie.com/

 

渋谷ヒューマントラストシネマで観てきました。ちょうど水曜日でサービスデーだったせいか満席になっていたようで、びっくりしました。私がチケットを購入したのは当日の昼休みのとき(13時ごろ)で、その時点では真ん中の方の座席だけ(全体の4分の1くらい)が埋まってる感じでした。もしサービスデーのせいで満席になっていたのだとすると、他の空いている曜日に1,800円払って観に行った方が快適で満足度は高かったかもしれません。ちなみに19時10分上映開始の回で、私はのんびり19時00分くらいに映画館に到着したのですけど、スクリーン入場待ちの人たちでフロアが大混雑状態でした。ほぼ20代~30代って感じで、男女比は4対6か3対7くらいで女子の方が多く、半分以上が1人で観に来てる感じでした。

映画の内容は、めちゃめちゃ満足度高かったです。ほんと観に行ってよかった。24歳彼氏なしの主人公には共感とかはできなかったのですけど、台詞回しのセンスのおもしろさと、主人公の松岡茉優の演技がめちゃめちゃ良くって、最初から最後まで笑える名作でした。物語のテンポも良くて、2時間あっという間でした。共感はできなかったですけど主人公に対する好感度はすごい高かったですね。喫茶店や駅や釣り人の人たちとの会話が脳内会話なのは観ててわかるような演出になっていましたけど、途中の物語展開で会社の隣の女子との会話まで脳内なのかな…?とちょっと思わせてくるところはおもしろかったです。友達いないキャラの割には普通に仲良く話せてるし。あと、経理職の主人公が工場職みたいなユニフォーム姿だったり昼寝の時間?があったり、ファンタジーぽかった。

一と二について。どっちも性格に難があるというか、特に二の方、絶妙にうざいところをついてくるキャラ設定がとても良かったです。悪い人じゃないんだけど面倒くさい、みたいな。ちょっとリアル感あるうざさでしたし、これは付き合いたくないなぁという絶妙なキャラ設定だと思いました。でもビジュアルはめちゃめちゃかっこよかったですね、一も二も。公式サイトの監督発言にもありましたけど、二の人の手が綺麗でした。最後の玄関のシーン、手が綺麗だなーと観てて思いました。まぁそれはいいとして。

原作は未読だったのですけど、この作者の小説は、『インストール』と『蹴りたい背中』は読んだことがあります。文章がにやりと笑える系でめちゃめちゃ好きでした。この『勝手にふるえてろ』でも、主人公が早口でべらべら話すシーンなんか、とても文章センスを感じました。これはきっと原作小説で読んでもおもしろいのだろうな~と思いました。

正直、ここまでおもしろい映画だと思いませんでした。当日の昼休みに、明日の仕事が午後からだから帰り遅くなってもいいし映画でも観て帰るかーと思い立って「渋谷 映画」とかで上映中の作品を検索した中で時間帯が合った作品がこれだったという感じなのですけど。主人公も、一の人も二の人も、というかみんな演技がうまくて、安定して観ていられました。会社の隣の席の女子の人も演技うまかったですね。スティーブジョブスのマネージャーのブログが~~みたいなシーンすごい笑えました。