読んだ本の感想とか

電車の中やカフェで読んだ本の感想などを。

『木漏れ日に泳ぐ魚』ネタバレ感想

恩田陸『木漏れ日に泳ぐ魚』文春文庫 2010年10月刊

 

 f:id:seoma:20170809100900j:plain

 

※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。

 

直木賞?と本屋大賞?という賞をとったとかで、ついこの前まで本屋でひたすら推されていた恩田陸という作家の本。私は一冊も読んだことありませんでした。ちなみに人に聞いたときは「そんな夢中になって続きを読むような作家ではないー」という話でした。まぁでも本屋でずらーっと並んでいたのでどれか読んでみようと思いまして、選んだのがこの本でした。

この本は吉祥寺のアトレ2階の本屋(ブックファースト)で文庫本ランキング第1位になっていてものすごく平積みされていたのですけど、パルコ地下の本屋(パルコブックセンター)ではランキングにも入らず平積みにもなっていませんでした。これは何を意味しているのか。もうこんなの誰が見ても同じ結論だと思いますけどブックファーストのランキングの方がテキトーなのでしょう。売れているランキングではなく売りたいランキングなのでしょう。この機会に直木賞作家の本を売ってやろうと考えて、2010年の文庫本を引っ張り出してきてランキング1位ということにしたのでしょう。私みたいに1位というのを見て買う人間もいますからね。ちなみにブックファーストの1位を見てパルコブックセンターで買いましたけどね。

さてさて。本の中身については、1位だけあって(?)めちゃめちゃおもしろかったです。少しずつ真相が明かされていく中で二転三転も有り。オチも納得感ありました。兄妹ではなかったと気付いたことによって、そこから考えを巡らせていって父親(ではなかったわけですが)の死因の真相に思い至る経緯、説得力があっておもしろかったです。

最初の数ページを読んだときは台詞の圧倒的な臭さ・寒さに耐えられずに本を捨てようかと思ったくらいだったのですが、捨てずに読み進めてよかったです。途中からは全然くさくなかった。最初の数ページはほんと村上春樹を目指して失敗した人みたいな感じでした。何だったのだろう。「気持ちのいい夜だね」彼女は、窓を見ながら言った。←唐突にこういう無意味な芝居台詞が湧き出てくる文章って謎すぎる。2010年の本なので当時はこういうのが流行ってたのかもしれませんけど。