読んだ本の感想とか

電車の中やカフェで読んだ本の感想などを。

『探偵が早すぎる (下)』ネタバレ感想

井上真偽『探偵が早すぎる (下)』講談社文庫 2017年7月刊

 

f:id:seoma:20170809101019j:plain

 

※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。

 

twitterのプロモーションで上巻の方の存在を知って購入したらおもしろく、この作者の前作の『その可能性はすでに考えた』『聖女の毒杯』も一気に購入して、今回の下巻は本屋で見た瞬間に買いました。待ち望んでいた。好きな作家は?といま聞かれたらたぶんこの作者をあげます。それぐらい好きです。一気にはまりました。

この作者のおもしろいところは、にやりと笑える文章センスだと思います。この『探偵が早すぎる』でも、探偵が真相を説明するときの煽り台詞が毎回とても笑えました。

一人一人順番に暗殺者が襲いかかってくる話なので下巻はマンネリが心配だったのですけど、全然そんなことなかったですね。ホテルで一気に登場人物が出てきてそれが全員暗殺者とか、ちょっとわくわくできる展開が多くて。

あと、友人2人が最初から最後まで出てきてましたけど、これはずっと暗殺者だろうと思いながら読んでました…。ちょっと同行するのが不自然な感じありましたし。でも2人がガード役のつもりで参加してたオチは良かったですね。

なんか最後も幸せで泣けるハッピーエンドみたいな終わり方になっていたのも、とても良かったと思います。これはこれで。

今からこの作者の次の作品がめちゃめちゃ楽しみです。