読んだ本の感想など

電車の中やカフェで読んだ本の感想などを。

住野よる『よるのばけもの』ネタバレ感想

住野よる『よるのばけもの』双葉文庫 2019年4月刊 ※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。 Twitterで色々とおすすめ小説を教えてもらっていたのですが、本屋の新刊コーナーでこの本を見つけて、すぐに購入しました。そして他の本をすべ…

麻耶雄嵩『あぶない叔父さん』ネタバレ感想

麻耶雄嵩『あぶない叔父さん』新潮文庫 2018年3月刊 ※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。 twitterでいくつかオススメを教えてもらったうちの1冊でした。なんとなく名前は知っていたけど…という印象の本でした。この作者の小説はいく…

深水黎一郎『最後のトリック』ネタバレ感想

深水黎一郎『最後のトリック』河出文庫 2014年10月刊 ※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。 本屋で平積みにされているのを見て『ミステリーアリーナ』の人の新作だなぁと思って購入しました。そしたら、新作ではなかったのですね。い…

アンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件』ネタバレ感想

アンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件』(上・下)創元推理文庫 2018年9月刊 ※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。 すごくおもしろいらしいとTwitterで教えてもらって購入しました。たしかに、これはかなりおもしろかったです…

2018年よく聴いていた曲まとめ

「最近聴いている曲」というまとめを定期的に作っていこうと思っていたのに、すっかり忘れてました。季節ごとにまとめていこうと思っていたのに、1年ぶりになってしまった。米津玄師やあいみょんは普通に全曲聴いていてカラオケで私が歌う定番ですけど、それ…

恩田陸『木曜組曲』ネタバレ感想

恩田陸『木曜組曲』徳間文庫 2019年2月刊 ※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。 Twitterでおもしろいと流れてきたので、購入してみました。この作者の小説は一つだけ『木漏れ日に泳ぐ魚』というのだけ読んだことがありました。なかな…

映画「君と、徒然」感想

映画「君と、徒然」公式サイト http://kimitotsuredure.com/ 確定申告の仕事がすべて終わった3月15日に、観てきました。新宿バルト9という映画館で一週間限定で公開されていたのが、上映期間が延長になったので観にいけるようになったという経緯でした。確定…

佐藤青南『サイレント・ヴォイス』『ブラック・コール』ネタバレ感想

佐藤青南『サイレント・ヴォイス』『ブラック・コール』ネタバレ感想 ※小説の感想はすべてネタバレ有りで語っていこうと思います。 いつもTwitterで本のおすすめを教えてくれる人から教えてもらって購入しました。なぜか2冊とも吉祥寺アトレのブックファース…

ドラマ「3年A組」最新9話までネタバレ感想

ドラマ「3年A組」公式サイト https://www.ntv.co.jp/3A10/ 久しぶりに1話からずっとリアルタイムで追いかけているドラマです。昨日3月3日に9話が公開されて、来週3月10日に最終話が公開されますね。作中でも1話が3月1日から始まって、1日1話ずつ進んでいって…

中田永一『私は存在が空気』ネタバレ感想

中田永一『私は存在が空気』祥伝社文庫 2018年12月刊 ※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。 渋谷モディのHMVブックスの新刊コーナーに並んでいたのを見て購入しました。渋谷モディはたまに行きますけど、雰囲気よくて好きですね。 こ…

『あの会社のスゴい働き方』感想

日経産業新聞『あの会社のスゴい働き方』日経ビジネス人文庫 2019年2月刊 今月出たばかりの新刊ですね。本屋の日経新聞関係の文庫・新書のコーナーで並んでいたのを見て購入しました。こういうさらっと30分で読める系の文庫も嫌いじゃないです。 働き方改革…

『利益を生むサービス思考』感想

宮崎辰『利益を生むサービス思考』光文社新書 2019年1月刊 出たばかりの新刊ですね。吉祥寺駅ビルの本屋の新書コーナーで、新刊の棚に並んでいるのを見て買いました。いま写真を撮って初めて気づいたのですが、表紙に作者(?)の顔写真がどーんと載っていた…

映画「十二人の死にたい子どもたち」感想

映画「十二人の死にたい子どもたち」公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/shinitai12/ 平日の昼間の時間帯に、渋谷の映画館で観てきました。原作がとてもおもしろくて、映画化されたら観てもいいなーと思っていたので。映画館に行くならもう平日昼間が…

ピーター・スワンソン『そしてミランダを殺す』ネタバレ感想

ピーター・スワンソン『そしてミランダを殺す』創元推理文庫 2018年2月刊 ※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。 Twitterでおすすめされて購入しました。全然聞いたこともない作家の小説でしたが、吉祥寺駅ビルの本屋で平積みで売られ…

藤崎翔『神様の裏の顔』ネタバレ感想

藤崎翔『神様の裏の顔』角川文庫 2016年8月刊 ※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。 これは、本屋で平積みになっているのを見て、買いました。結構古い作品だったということを、いま知りました。2016年て。むしろなぜ2019年の今ごろに…

日本経済新聞社『価格でわかる日本経済』感想

日本経済新聞社『価格でわかる日本経済』2018年11月刊 おもしろい内容の本でした。色んな事例が紹介されていて濃くて読み応えありましたし、2018年がどういう年だったのかということが見えてくる内容でした。 2018年中にこういうものの金額が値上げされまし…

秋吉理香子『絶対正義』ネタバレ感想

秋吉理香子『絶対正義』幻冬舎文庫 2019年1月刊 ※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。 今月出たばかりの新刊ですね。本屋の新刊コーナーで見かけて、すぐ買いました。この作者の本は『暗黒女子』『放課後に死者は戻る』『聖母』とすべ…

映画「ボヘミアン・ラプソディ」感想

映画「ボヘミアン・ラプソディ」公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/ 大ヒットしてるらしいとは知ってましたけどクイーンというバンドのことをよく知らなくて敬遠していたのですが、20代のイトコが観に行って普通におもしろかったと言…

愛媛県 道後温泉 年末年始旅行 二日目

愛媛県の道後温泉旅行の写真 二日目。 2018年12月31日~2019年1月1日で旅行へ行ってきましたので、二日目 = 2019年1月1日です。 二日目は、道後館で朝食を食べて、10時出発予定だったところをのんびり近くの神社へ初詣に行ってからの11時半出発に変更して、…

愛媛県 道後温泉 年末年始旅行 一日目

2018年12月31日~2019年1月1日で、愛媛県の道後温泉へ旅行してきました。 TwitterやInstagramにかなり写真をアップしているのですけど、こちらにも。 親戚一同でバスを貸し切って、 広島県 → しまなみ海道 → 今治のタオル美術館 → 道後温泉 → 一泊して、護国…

井上真偽『恋と禁忌の述語論理』文庫版ネタバレ感想

井上真偽『恋と禁忌の述語論理(プレディケット)』講談社文庫 2018年12月刊 ※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。 本屋の新刊コーナーで見かけて即購入しました。デビュー作のこの作品まで文庫化されて、これで井上真偽作品はすべて…

税理士として独立開業して一年が過ぎました

東京都杉並区高井戸で税理士事務所を開業して、1年が経過しました。 私は完全に0からのスタートです。他の事務所から顧問先を引き継ぐようなことは一件もありませんでした。 雑感というか。 いまどきの開業税理士ってこんな感じです、みたいなことを書いてい…

瀬川コウ『今夜、君を壊したとしても』ネタバレ感想

瀬川コウ『今夜、君を壊したとしても』講談社タイガ 2018年11月刊 ※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。 『今夜、君に殺されたとしても』の続編ですね。吉祥寺キラリナ7階本屋で、新刊コーナーで見つけて購入しました。前作の表紙はア…

中村文則『あなたが消えた夜に』ネタバレ感想

中村文則『あなたが消えた夜に』毎日文庫 2018年11月刊 ※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。 なんか写真がぼやけてしまってますが、撮り直しはめんどいので、このままで…。 Twitterでおすすめされて購入しました。つい先月に出たばか…

『なんでその価格で売れちゃうの』感想

永井孝尚『なんで、その価格で売れちゃうの?』PHP新書 2018年11月刊 タイトルと表紙だけ見たら微妙そうな本ですが…。でも読んでみたらおもしろくてわかりやすくて、良い本でした。 物の値段について色々な事例が紹介された本。安く売っても利益をしっかり出…

松岡圭祐『マジシャン 最終版』ネタバレ感想

松岡圭祐『マジシャン 最終版』角川文庫 2018年9月刊 ※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。 万能鑑定士の人の小説。特におすすめされたわけではないですけど、こういうのが出てるみたいに言われて、買ってみました。まぁまぁおもしろ…

冲方丁『十二人の死にたい子どもたち』ネタバレ感想

冲方丁『十二人の死にたい子どもたち』文春文庫 2018年10月刊 ※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。 先月の新刊ですね。本屋の新刊コーナーに並んでいたのは見かけていました。Twitterでおもしろいとすすめられて、購入してみました。…

大山誠一郎『赤い博物館』ネタバレ感想

大山誠一郎『赤い博物館』文春文庫 2018年9月刊 ※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。 Twitterで「アリバイトリック系のミステリ」とおすすめされて、吉祥寺キラリナ7階の本屋で購入しました。ぜんぜん関係ないけど京王パスポートカー…

辻村深月『朝が来る』ネタバレ感想

辻村深月『朝が来る』文春文庫 2018年9月刊 ※小説の感想はすべてネタバレ有りで書いていこうと思います。 何日か前に読破していました。ちょうど手元の小説をすべて読み終えたタイミングで本屋の新刊コーナーに並んでいるのを見て、購入してきました。この作…

日経プレミア新書『性格がいい人、悪い人の科学』感想

小塩真司『性格がいい人、悪い人の科学』日経プレミアシリーズ(新書)2018年9月刊 電車の中などで少しずつ読みました。なかなか興味深い内容で、すぐ読み終えました。さっと感想を書いておきます。 人間の性格を表す特性は5つあるという。 外向性 神経性傾…