読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んだ本の感想とか

電車の中やカフェで読んだ本の感想などを。

婚活パーティ OTOCON個室お見合いパーティ

もう一生独身でいいとか言っておきながら、また婚活パーティに参加してきました。いやその気持ちに嘘はないのですけど、前回の婚活パーティに参加したあとずっと本当にもやもやしていて、なんていうか、負けたままでは終われないのですよ。
最後は勝って終わりたい。
いいねもらえないし需要ないから結婚あきらめましたーだと今後の自分の人生にもやもやが残ってしまうんじゃないかって気がしたのです。それは良くない。それよりも、いいねいっぱいもらってきちんと評価された上で、ガチれば余裕だけど別に独身で困らないしやめときますーっていうことにしたい。
そう考えたのです。
必勝法も思いつきました。婚活パーティなんて単純な仕組みですからね、この手の単純なゲームには必勝法が存在するに決まってます。

必勝法その1「パーティ参加者の中で自分が年齢低い側になるようなパーティを選ぶ」
必勝法その2「よく相手の顔を見て目を合わせてにこにこしながらしゃべる(話すたびにプロフィールカードから目線を上げる)」

これだけで勝てるでしょう。たぶんこれ男女共通だと思います。
そもそも勝ち負けなのか…?というつっこみはあるでしょうけど。

そんなわけで、OTOCONというところの半個室タイプ婚活パーティへ行ってきました。
ここを選んだ理由は、なんとなく前回とは別のところで、フリータイムみたいな面倒そうな仕組みが無いタイプのもので、あとは日時と参加者の年齢設定です。


パーティの流れは↓こんな感じ。

受付で身分証を提示して現金払いすると、自分の番号のブースへ案内される。
男女が90度向きに座る(カップル座り)タイプの半個室ブース。
そのブース内で手書きでプロフィールシートを記入する。相手の女性との距離が近かったです。軽い挨拶のあとはお互い無言でひたすら記入。
好きな○○ランキングベスト3(←○○は自分で決めて書く)みたいなおもしろい趣向も。この好きな○○~の箇所は空欄の女性が2~3人いらっしゃいました(これ何を書けばいいのか困りますよねええって感じで盛り上がりました)
あとは、どういう相手が好みか、理想の夫婦像、などの欄もありましたね。

開始後の流れは、
5~6分話したら男性が1つずつブースを移動していく。
一巡したら「第一印象カード」というものを記入する。いいなと思った相手の番号に○を付けてスタッフの方へ提出。
スタッフの方が集計をして、自分にいいねした異性がわかるような印をつけた状態で返してくれる。
そのあともう一巡する。この2巡目は3分くらいずつで、とても短く感じました。
2巡目が終わったらカップリング希望カードみたいなのを提出。第三希望まで書けました。

そのあとは男女それぞれ別室になるように移動させられる。半個室ブース内で一人で待機する形に。
そして、成立したカップルをスタッフの方が大声で読み上げる(すごいシステム…)。このとき「みなさま祝福の拍手を」みたいに言いながら発表していくのですが、もちろん拍手はまばらでした。

これで終わり。
まずカップル成立しなかった女性が帰り、次にカップル成立した男性が相手の女性の待つブースへ移動、そしてカップル成立しなかった男性が帰り、最後にカップルが帰る、という順番。でした。


ちなみにプロフィールシートや第一印象カードは持って帰ることができました。
てことで、これはとても笑える画像なので、第一印象カードをアップしておきます。

f:id:seoma:20170115214302j:plain私がいいねしたのが黒い○で、女性陣が私にいいねしたのが赤い○です。私としては8人全員が印象良くって話し足りない感じだったのですけど全員○はダメだろうなぁと思って5人だけ○にしておきました。
しかしもう本当に見事に、こちらが○を付けた人からはもらえず、こちらが○付けてない人からもらうという結果になっていますね。スタッフの人が悪戯心だけで勝手にこういう○の付け方したんじゃないのかな?ってぐらいに笑える状態でした。
2巡目のときほとんどの方が「こっちだけ○した人」か「向こうだけ○した人」だったのでどちらにしても気まずくって第一印象カードの話題は一切出せませんでした…。
ちなみにこれで最終的にカップリングしたのは7番の人とです。そこもまた笑えますね。最後の希望カードには、ダメなら買い物でもして帰ろうと思いながら「第一希望 7番」だけ書いて提出してました。


また女性参加者のことも書いていこう。
今回も本当に8人全員の方が印象良くって話し足りない感じでした。それぞれの方の仕事の話でも住んでる場所の話でも趣味の話でも興味深い話題がいっぱいあったのに、どれも中途半端にしか話せないまま終わってしまいました。

ちなみに「男性30歳~44歳 女性26歳~38歳」という年齢設定のパーティでした。
最終カップリングは私含めて3組成立していました。

※曖昧に書いていきますー。

1番の方
 20代中盤。黒髪さらさらがとても美しかった方。1番なので端っこの席で、この方の元へ移動するとき後ろ姿で髪の毛美しいなぁってすごい思いました。話した内容は仕事のこととか住んでいる場所のこととか。最終的に他の男性とカップリングしてました。

2番の方
 30代前半。時間中ずっと、じーーっとこちらを見続けながら話していた美人さん。視線をまったくそらさない感じ。すごいどきどきしましたけど、第一印象カードでこちらに○を付けてくれなかったと判明したとき恐怖のようなものを感じました。でもこの方ほんと今も印象に残っています。

3番の方
 20代後半。住んでいる場所の話と電車の話(使っている路線の話)で楽しく話せました。あと映画の話(私が映画の話をプロフィール欄に書いていたので)も。「君の名は」まじで良かったですよ。

4番の方
 20代後半。ずっと常にニコニコしながら話していた方。この方もめちゃめちゃ印象に残りました。感じの良さがすごかったです。なんか楽しい家庭を築けそうな感じ? 最終的に他の男性とカップリングしてました。

5番の方
 30歳中盤。仕事の話で楽しく話せました。結構遠くから来ていた方で、私と同じ方面からでしたので親近感わきました。

6番の方
 20代中盤。趣味欄がカラオケ、読書、映画で思いっきりかぶっていることに2回目のトークタイムの終わりごろ気づいた方。いま思えばすごく話が合ったかもしれない。映画の話をしようかってところで「次へ移動を~」でした。

7番の方
 30代後半。スポーツジムなど趣味が合っていて、トークの明るさがすごかった方。この方とカップリング成立して楽しくお茶して帰りました。

8番の方
 30代後半。私も8番だったので最初にプロフィールを書いているときから一緒でした。これ書きづらいですよねって盛り上がりました。あとは家族構成とかペットの話とか。 

以上8名の方々。
ちなみに、カップリングした人に他の男性参加者について教えてもらったのですが、男性側の参加者は、40代が6人、30代が2人だったそうです。
私が一番話してて明るかったという言葉をいただきましたけど一番若かったから輝いて見えた的なものもあったのではないでしょうか。

今回の婚活パーティは、事前に攻略方法を考えた上で臨んだので中間の「第一印象カード」である程度評価してもらえましたし、○もらえなかった方からも最終希望で票もらえてカップリング成立したりしてますし、満足気分で終われました。
うん。そんなわけで、今後もう二度と婚活パーティに参加する気はないです。別にガチれば余裕だけど一生独身でも特に問題ないので参加しませんー。

婚活パーティ PARTYPARTY新宿

そんなわけで新年明けて、婚活パーティへ行ってきました。
結構ショックだったのでもう行くことはないかなって感じです。

行ったのは PARTY PARTY という名前のところ。
色々検索してとりあえず大手のようだったので。
新宿開催のお互い30代限定の8人対8人個室タイプのものでした。


パーティの流れは↓こんな感じ。

受付で身分証を見せると席に連れていかれて、個室(というかブース)に案内される。
カウンター席で隣同士で並んで座る形式で、すでに女性が座って待っている。
手元のバインダーには、参加者のプロフィール(女性参加者のものだけ)、いいねカード(最後に相手の番号を書いて提出するもの)。
いきなり女性参加者と隣同士並んで座る感じなので、まぁ、話しますよね雑談とか。そうすると各参加者のプロフィールを読み込む時間は無い。
このプロフィールはWEB申し込み時に書いたものがそのまま印刷される形式。

開始後の流れは、
5分くらい話したら男性が一つずつブースを隣へ移動していく。
すべてのブースで話し足りない感じ。えもう移動なの?っていう。
当たり障りのない雑談が終わってそろそろ突っ込んだ話をしていこうかというところで時間になる感じ。
でもまぁ妥当な時間なのかなこれくらいが。
一通り会話し終わったら最初のブースに戻って、最初の人と隣同士に戻る。

最後はそのままそのブース内で、自分がいいと思った人を3人書いてスタッフへ提出。
男女隣同士並んで書くという、はっきり言ってめっちゃ気まずいシステム。でも「これめっちゃ気まずいですね」と、隣の人と話はとても弾みました。
まず中間発表という形で自分宛てのいいねカードをもらい、そのあと(その結果を考慮しつつ?)最終希望を提出するという流れ。
私は3人にカードを出しましたが、自分がもらえたカードは1つだけでした。
なので最終投票はその人の番号だけ書いて提出。そのままカップリング成立して、お茶して帰りました。
しかし自分が3人にいいねカードを出して、そのうちの1人の人からしかカードをもらえなかったという現実は、正直言って、結構ショックでした。いや、結構どころか、かなりショックでした。
なんだろう、まぁそんなものなのかなぁ。
しかし自分は自分が思うよりモテない方の人間だったのかもしれません。

もうこうなったらどんな参加者がいたのか、書いていこう。
合計で8人の女性と話したわけですが、はっきり言って8人とも話してて楽しく明るくて感じの良い方でした。
※曖昧に書いていきますー。
ちなみにこの1番~8番は申し込み順なのかなと思いました。番号は前もって印刷されているので到着順などではなく、7番の人が前日夜遅い時間に申し込んだって言ってました。

1番の方
 ドラマの話題で盛り上がり。やっぱ真田丸めっちゃおもしろかったですよねえ。新しい大河ドラマ(女城主~)も見ようかな。

2番の方
 趣味読書ということで小説の話と映画の話をしたぽっちゃりな方。でも私の仕事の内容の話をしてる時間が長かった。

3番の方
 相手の方の仕事が私の分野とちょっとかぶっていて普通に興味深かったので仕事の話ばかりで終わってしまった(もちろん話し足りなかった)

4番の方
 スポーツジムに通う美人さん。私の通うジムとは別のジムに通っている方で、そっちはどうでこっちはどうという話で盛り上がり、もっと詳しく話したかったです。

5番の方
 アウトドアが趣味で、明るく笑う方。スキー、山登り、どちらも宿泊込みで毎年行っているそう。普通に楽しそうでした。

6番の方
 ヨガ、岩盤浴が趣味ということでその話を聞かせてもらいました。岩盤浴めっちゃ汗かけるらしいです。家族連れとかカップルとかで行けるらしいです興味深い。

7番の方
 お姉さん的な感じ?で「そうなのねえ」「それはいいですねえ」という口調の方。地元が近かったので地元トークで盛り上がった。あのレストランおいしいですよね的な。

8番の方
 小説のおすすめを教えてもらいました。この方とカップリング成立してます。


なんかこうやって書き出してみると、雑談しかしてないですね。
でももっと詳しく話したかったなぁって方ばかりでした。
あ、↑に書いてないですけどそれぞれの方へ私の仕事の話とか生活の話とかもしています。どこに住んでてどこへ通勤してて~。

1人だけ、私がブースに入ったとき前の人のことをメモしている女性がいました。なるほどどうぞってことで私はその間にその人のプロフィールを読んだりできました。女性参加者8人の中でメモを取ってる姿を見たのはこの方1人だけでした。まぁ他の男性のことを考えながらメモ取っている姿というのは、見ていて美しくは感じないかもしれません。
でも一瞬なるほどと思って私もそれぞれの方の印象をメモろうかと思ったのですけど、並びが隣同士なので何かのはずみで見られてしまったらまずいなぁと思ってやめておきました。
あ、男性参加者の中にはそれぞれの参加者のプロフィールの中で自分が質問したい部分に○を付けていた人がいたらしいです。その○印が丸見えだったそう。

あとは、横並びのカウンター席でありながら、がっつりこっちに全身を向けて座って待っていた方が1人だけいました。膝がこちらを向いている感じです。かなり印象に残りました。私はこの座り方に対して、うまく表現できないですけど、ちょっと恐怖のようなものを感じました。でも人によってはとても好印象だろうと思います。

あと印象に残っているのが最後の人でブースに入った最初の会話が「これはとても疲れますね…」と本当にすごい疲れた顔で言っていて、私もそれまで7人の人と会話をしてきて疲れを感じていたので、このシステムほんっと疲れますね!と共感できました。特に女性は移動しないから逆に疲れると思います。男性は移動するわずかな時間がリセットタイムになっていたのですが。
そんなわけでその最後の疲れ切った人に対して「この人とは気が合いそうだなぁ」とむしろ好印象を持っていいねカードを出したわけですけど別にその人からはいいねカードもらえませんでした。うん。

そういえばプロフィール欄は、女性の方にだけ「料理するかどうか」「得意料理」という欄がありました。
あと、プロフィールの最後の自己紹介欄は、みなさん2~3行ずつ書いている感じでした。少ない人で「緊張しますけど参加してみました、よろしくお願いします」ぐらいな感じで、多い人でそれに加えて「趣味は○○です、休日は○○して過ごしています」など。
ちなみに男性プロフィールの自己紹介欄は女性へしか渡されないので私は詳しくは見れてませんが、ちらっとだけ見せてもらった感じでいうと、空欄(!)が1人、1行(よろしくお願いしますだけ)の人が2人、あとは長い人(4行~5行)も2人くらいと、人によってばらつきがあった感じです。その空欄の男性は他のプロフィール(居住地など)も埋めてなくって静かなタイプの方だったようで会話が続かなくて大変でしたと言っている女性がいました。


そんな感じで。初めての婚活パーティは、楽しかったと言えば楽しかったです。でも、うーーん。もう一生独身でいいかなー。
あ、あとスタッフのみなさん(多かった)もとても感じが良かったです。
会場のフロアも良かったです。ブースで細かく区切られていて他の参加者の様子はわからないようになっていて、気配りされているなぁと思いました。

広島県 宮島 年末1泊2日旅行

親戚一同で広島県の宮島へ、年末に1泊2日で行って参りました。
宮島って日帰り旅行も有りのようですけど(例えば宿泊は広島駅周辺とかで)夜のライトアップされた厳島神社も美しいですし、1泊して良かったなと思います。
1泊2日するとだいぶ宮島を満喫できましたし。
表参道商店街食べ歩き、カフェに行ったり、ロープウェイで弥山へ、そして厳島神社


宮島グランドホテル有もと
http://www.miyajima-arimoto.co.jp/

宿泊したのは宮島の中のこのホテル。
自分でお金払ったわけではないのですけど2人分で5万円~6万円くらいの金額でした。厳島神社まで1分で立地も良く、ロビーもおみやげ屋も雰囲気良くって、最高のホテルでした。また泊まりに行きたい。

 

f:id:seoma:20170103235728j:plain

f:id:seoma:20170103235812j:plain

まずはやはり厳島神社の鳥居の写真を。
満潮干潮は1日2回ずつ、だいたい6時間ごとに、満ち引きがあるそうです。
私が行ったときは昼は海の中で、夕方に陸地になり、夜はまた海の中になっていました。
時間ごとに姿が変わるのが本当にドラマチックで神秘的で幻想的で、よくこんな発想で神社を建造したものだなぁって感動してしまいます。

 

f:id:seoma:20170103235942j:plain

夜は日没から23時ごろまでライトアップされるらしいです。このライトアップされた厳島神社が本当に美しかった。
宿泊したホテルが「夜の宮島ガイドツアー」というものを開催していて、30分くらいの軽いものでしたけど、厳島神社の話や宮島の話を聞きながらゆっくり歩くことができて、勉強になって楽しかったです。
宮島は島自体が神様の体だそうです。

 

f:id:seoma:20170103235946j:plain

f:id:seoma:20170103235947j:plain

厳島神社内部の様子。
床の木は台風などのときに水が抜けていくように、切れ目を入れてあるそうです。切れ目が無いとそのまま船になって海へ流されてしまうらしい。ちなみに上にカバーをかぶせて歩きやすくされてました。

 

f:id:seoma:20170103235940j:plain

表参道商店街の入口。
宮島のメインロード。やはりもみじ饅頭の店が多かったです。宮島といえばもみじ饅頭!ですね。
2日ともここを歩いて本当に色々と食べ歩きしてきました。
揚げもみじ(あんこ、クリーム、チーズ)、穴子饅頭、穴子飯コロッケ、ぺったらぽったら(焼きおにぎり醤油だれ)、にぎり天(えび、たこ、アスパラベーコン、などなど)。焼きがきはホテルの夜ご飯で出たので商店街では食べず。
食べ歩きといっても店内に椅子があって中で食べられる店もちらほらありました。宮島以外で見かけたことないようなものばかりで、しかもどれもおいしくって、食べてて楽しかったですね。
あとは、なぜか(?)宮島にはカフェが多かったです。
いくつか入りましたけど、中でもとても良かったのが、伊都岐珈琲というお店。

伊都岐珈琲
http://itsuki-miyajima.com/

カフェラテすっごくおいしかったです。
店員さんも感じが良くって、店内の雰囲気も良く、とてもいいカフェでした。
八天堂のフローズンクリームパンというものがこのカフェの店頭で売られていて、そのパンもとってもおいしかったです。
この八天堂のクリームパンは都内でも買えるらしいですね。今度買おうかな。

 

f:id:seoma:20170103235941j:plain

ホテルの夜ご飯、どれもめっちゃおいしかったです。
特に穴子釜飯、味が染み込んでいて最高でした。また食べたいな…。
あと、地ビールの宮島ビール。キャラメルが入っているのが特徴らしいです。甘口と辛口がありましたけど、どちらもキャラメルの味を感じられて、特に甘口が本当に甘くて飲みやすかったです。

 

f:id:seoma:20170103235943j:plain

2日目午前はロープウェイで弥山へ。
ロープウェイの中から撮影した瀬戸内海の景色です。

 

f:id:seoma:20170103235944j:plain

f:id:seoma:20170103235945j:plain

ロープウェイの着いた駅から弥山の山頂の展望台まで、片道30分くらい歩きました。歩くというか、登山ですね。往復1時間なので結構ハードと言えるかも。
山頂展望台から見る広島の街の景色と、弥山ロープウェイ駅。あそこからここ(撮影地点)まで30分の登山。


なんか写真を撮れてないところもありましたけど、宮島ってほんとおいしい食べ物と綺麗な景色と感じの良い人たちばかりの場所で、最高の旅行を楽しめました。
これは本当にまた行きたいですね。次もまたこのホテルでもいいかも。

というわけで今年初めてのブログ更新になりました。
今年の目標は、もちろん独立に向けてあれこれがんばるのと、あとは結婚ですかね、婚活がんばろう。
結婚相談所?とか婚活パーティ?とかにも参加していきたい。
このブログ、婚活ブログにしようかな。